国際子ども図書館について

よくある質問

国際子ども図書館について(全般的なこと)

国際子ども図書館について(歴史、建物)

利用に関すること

展示会、イベントについて

その他

国際子ども図書館について(全般的なこと)

国際子ども図書館の役割を教えてください。
国際子ども図書館は、国内外の児童書に関する図書館サービスを国際的な連携の下に行う国立の児童書専門図書館です。「子どもの本は世界をつなぎ、未来を拓く!」という理念に基づき、次の三つの基本的な役割をもつ図書館として活動を行っています。  
  1. 児童書専門図書館としての役割
  2. 子どもと本のふれあいの場としての役割
  3. 子どもの本のミュージアムとしての役割
詳しくは、「国際子ども図書館について」の「使命・役割」もご覧ください。
いつできたのですか?
平成12年(2000)1月に国立国会図書館の支部図書館として設立され、同年5月に部分開館し、平成14年(2002)5月に全面開館しました。
詳しくは、「国際子ども図書館について」の「沿革」のページをご覧ください。
どんな本があるのですか?
国内外の児童書(絵本、読み物、昔話、知識の本など)と、児童書・児童文化に関する調査研究にご利用いただける研究書、参考図書などの関連資料を広く集めています。特色あるコレクションも所蔵しています。
日本で出版された子どもの本がすべてあるのですか?
当日本国内で発行されたすべての出版物は、国立国会図書館に納入されることになっています(納本制度)。そのうち、児童書とその関連書が国際子ども図書館にあります。ただし、納本までに時間のかかる資料や納本されていない資料もあります。
資料はどのくらい所蔵していますか?
「国際子ども図書館について」の「所蔵資料について」のページをご覧ください。
子どものための図書館なのですか?大人も利用できますか?
子どもの本の専門図書館です。子どもから大人まで、どなたでもご利用いただけます。また、調査研究のための資料室もあります。
児童サービスや児童書に関する情報を知りたいのですが。
児童サービス・学校関係者の方へ(子どもと本をつなぐ人のページ)」、「子どもの本に関するニュース」、「国際子ども図書館メールマガジン」等で情報提供を行っています。ぜひご活用ください。

国際子ども図書館について(歴史、建物)

建物はいつ建てられたものですか?
レンガ棟の建物は、 明治39年(1906)に帝国図書館として建設され、昭和4年に増築されました。平成9年度(1997)から平成13年度(2001)にかけては、国際子ども図書館として再生するため、改修工事を施工しました。また、アーチ棟の建物は、平成27年(2015)に竣工しました。詳しくは、「国際子ども図書館について」の「建物の紹介」のページをご覧ください。
国際子ども図書館の前は、何に使われていた建物ですか?
国際子ども図書館レンガ棟 の施設は、平成10年まで国立国会図書館支部上野図書館として使われてきたものです。更に遡ると、明治39年に帝国図書館として創建され昭和4年に増築されたもので、ルネサンス様式の代表的な明治期洋風建築として東京都選定歴史的建造物に指定されています。詳しくは、「国際子ども図書館について」の「沿革」、「建物の紹介」のページをご覧ください。
樋口一葉が通っていた図書館ですか?
樋口一葉が通った図書館は別の建物です。国際子ども図書館の建物は明治39年(1906)に建築されましたが、樋口一葉は明治29年(1896)に亡くなっています。
では、どこに通っていたかと言いますと、当館から少し南西に向かった場所にあった「東京図書館」に通っていたと思われます。こちらは帝国図書館の前身に当たる図書館で、現在では東京芸術大学の敷地内に煉瓦造りの旧書庫が残っています。一般道からも見ることが出来ます。
前庭にある記念碑の由来を教えてください。
「小泉八雲先生記念碑」です。土井晩翠氏(詩人)の子息の遺言により、広く国民に見てもらえる場所であることから帝国図書館前庭に建立されました。台上の銅像は小倉右一郎氏作「蜜」です。
テラスにある銅像について教えてください。
高桑文雄氏による「投槍像」です。小泉八雲先生記念碑を建設した土井晩翠氏より当時の帝国図書館長を通じて寄贈されたものです。なお、同じ像が富山県立水橋高等学校に設置されています。

利用に関すること

利用時間を教えてください。
開館日・開館時間」のページをご覧ください。
国際子ども図書館はどこにありますか?
交通手段・アクセス」のページをご覧ください。
誰でも利用できるのですか?
国際子ども図書館はどなたでも自由に利用できる図書館です。年齢、性別、国籍等での制限はございません。
ただし、「児童書研究資料室」は、調査研究をするための資料室で、入室には一定の手続きが必要です。事前に下記の連絡先にご相談ください。
国際子ども図書館資料情報課情報サービス係
TEL:03-3827-2053(代表)
利用するのにお金はかかりますか?
入館、資料の閲覧、展示会、利用者登録などは無料です。複写サービスは有料です。
入館するために、何か手続きが必要ですか?
「子どものへや」、「世界を知るへや」、「本のミュージアム」等は、利用のための手続きは必要ありません。「児童書研究資料室」と書庫にある資料を利用するには利用者カードの作成が必要です。
駐車場はありますか?
利用者の方向けの駐車場はございません。各種公共交通機関をご利用ください。また、お車で来館の際は上野公園近隣の駐車場をご利用ください。なお、自転車を停める駐輪場はあります。
駐車場の利用について、障害のある方は別途ご相談ください。
障害者へのサポートはありますか?
体の不自由な方のために駐車スペースを用意しています。中庭を含む、館内外のスペースはすべて車椅子がご利用いただけます。館内には多目的トイレ(車椅子対応)、拡大読書器などを設置しています。ご要望がありましたら、お近くのスタッフに申し出ください。
詳しくは、「障害のある方へ」のページをご覧ください。
食事をする場所はありますか?
レンガ棟1階にカフェテリアがあり、喫茶程度の飲食を提供しております。また、お昼時にはランチもございます。飲み物、軽食(サンドイッチ、スパゲティなど)など一般的な喫茶店と同レベルの品揃えとなっています。離乳食メニューはございません。
持参されたお弁当などは、レンガ棟1階廊下の弁当席、「休憩・飲食・授乳スペース」または屋外テラスをご利用ください。席数に限りがありますので、ご利用の際は譲り合ってお使いください。
※館内は指定場所を除き、飲食禁止となっております。ご協力をお願いします。
地域の図書館や学校の図書館と、資料室の利用の仕方は違いますか?
みなさまの町の公共図書館は、住民の情報ニーズを幅広く満たすことができるように資料を収集し、どなたでもご利用いただけるものです。
これに対し、当館の「児童書研究資料室」は、広く児童書・児童文化に関心をお持ちの方が児童書・児童文化に関する調査研究のためご利用いただくための「専門図書館」です。
このため、蔵書は主としてこれらの分野に関係する研究書・参考図書が中心であり、資料室には一般書を置いておりません。専門図書館としての資料室のあり方にご理解をいただければと思います。
どんな本でも見られますか?
国際子ども図書館ではなく、国立国会図書館東京本館で所蔵している場合や、作業中で利用できない資料、利用に制約のある資料などもあるため、来館されてもすぐに利用できない場合があります。事前にNDL-OPACでお調べいただくか、電話でお問い合わせください。
資料に関する質問をしたいのですが?
資料室の職員が児童書や児童文化に関するお問い合わせ、資料の検索方法のご案内などに応じています。詳しくは、「レファレンス・サービス」をご覧ください。
資料は借りて帰れますか?
個人の方への館外貸出しは行っていません。閲覧は館内でお願いします。必要な箇所は著作権法の範囲内で複写することができます。詳しくは「複写サービス」のページをご覧ください。
また、お近くの図書館に取り寄せてその図書館内で閲覧するサービスもあります。詳しくは、「図書館間貸出し」のページをご覧ください。
資料のコピーをすることはできますか?
著作権法の範囲内で、当館利用規則等に基づき所蔵資料の複写が可能です。また、資料の複写個所が特定できている場合は、郵送による申し込みも可能です。
詳しくは「複写サービス」のページをご覧ください。
遠くて行けないのですが、資料を利用する方法はありませんか?
児童書に関して、来館せず、ご自宅やお近くの公共図書館等を経由して受けられるレファレンス・サービス、遠隔複写サービス、資料の図書館間貸出し等を行っています。
また、インターネットでの資料検索や、デジタル化された資料を見ることが可能です。
詳しくは、「自宅から利用される方へ」のページをご覧ください。
インターネットでできることはありますか?
国際子ども図書館は、電子化した資料・情報を提供しています。ホームページから各種の情報にアクセスできます。
国立国会図書館サーチ
国立国会図書館を含む全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等、国内外の機関の蔵書やデジタル資料を一度に、多様な方法で検索できるサービスです。児童書総合目録機能を含みます。
NDL-OPAC
国立国会図書館所蔵資料の蔵書検索・申込システムです。国際子ども図書館所蔵資料も検索できます。
国際子ども図書館子どもOPAC
子ども向けの蔵書検索システムです。子どものへや・世界を知るへやの資料と国際子ども図書館の所蔵資料が検索できます。
リサーチ・ナビ
児童書や子どもの読書に関する調べ方などの情報にアクセスできます。
国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館が所蔵するさまざまなデジタル化資料を検索・閲覧できるデータベースです。児童書および児童雑誌の一部も収録されています。
電子展示会
資料の画像に解説をつけてテーマ別に編集した展示会です。
見学・体験はできますか?
国際子ども図書館のことをより知っていただくため、見学や体験を行っています。「見学・体験」のページをご覧ください。一般(大人)向けの見学と、幼稚園・保育園・小学校向けの見学と、中高生向けの見学・体験があります。
幼稚園・保育園・小学校向けの見学の「よくある質問」はこちらをご覧ください。
中高生向けの見学・体験の「よくある質問」はこちらをご覧ください。

展示会、イベントについて

今後の予定を教えてください。
展示会・イベント」のページをご覧ください。
また、国際子ども図書館メールマガジンでは、国際子ども図書館で行われる展示会やイベント情報、国内外の子どもと本に関する情報をお届けしていますので、ぜひご登録ください。
子ども向けのイベントはありますか?
毎週土曜日に、おはなし会を行っています。また、夏休みなどに子ども向け催物を行います。詳しくは、「展示会・イベント」のページをご覧ください。
過去の講演会の記録を読むことはできますか?
講演会の記録は、PDFファイルでホームページに掲載しています。詳しくは、「過去のイベント」のページをご覧ください。

その他

職員の採用について教えてください。
当館は国立国会図書館の支部図書館として運営されており、当館の職員は基本的に国立国会図書館職員です。よって、当館への就職を希望される場合は国立国会図書館の採用試験を受けていただく事となります。
なお、国立国会図書館では各部局・各図書館(永田町本館・関西館・子ども図書館)間での人事異動を行っておりますので、試験種別や専攻などによって、配属先が確定しているわけではありません。また、基本的には数年毎に異動をし、国立国会図書館の中で色々な業務を経験していただく事になります。
詳しくは国立国会図書館のホームページの「採用情報」をご覧ください。
調達情報について教えてください。
当館は国立国会図書館の支部図書館として運営されております。
国立国会図書館のホームページの「調達情報」をご覧ください。