国際子ども図書館について

2015‐2016年リニューアル関連情報

2015年から2016年にかけて、国際子ども図書館に新館“アーチ棟”ができ、新しいサービスが順次始まりました。

スケジュール

レンガ棟3階の本のミュージアムでは、2016年3月22日から、リニューアルを記念した特別展「現実へのまなざし、夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」を開催します。
レンガ棟3階のホールでは、国際子ども図書館を紹介する展示を行います。

レンガ棟2階に2つに分かれていた第一・第二資料室は統合され、2015年9月17日に児童書研究資料室としてアーチ棟2階に新たに開室しました。
また、2016年2月には、レンガ棟2階に調べものの部屋、児童書ギャラリーが開室しました。

レンガ棟1階の子どものへや・世界を知るへやは、2016年3月にリニューアルオープンしました。

見学・ガイドツアーやおはなし会は、2016年3月から再開しました。

レンガ棟

大人も子どもも共に楽しめる場

場所・室名 概要
3階 ホール 図書館の歴史や魅力を紹介する展示コーナーが誕生するほか、音楽会などの催しを開催します。
本のミュージアム さまざまなテーマで児童書などを紹介する展示会を開催します。
2階 調べものの部屋
(旧・第一資料室)
おもに中高生の調べものに役立つ本を置く部屋を新設しました。(2016年2月~)
児童書ギャラリー
(旧・第二資料室)
日本の児童文学の流れをたどり、本を手に取って読める展示室を新設しました。(2016年2月~)
1階 子どものへや・世界を知るへや・おはなしのへや 子どものへやに、靴をぬいで本を読めるスペースを新設しました。(2016年3月~)
休憩・飲食・授乳スペース
(旧・事務室)
休憩・飲食・授乳スペースを新設しました。(2015年11月~)

アーチ棟

児童書専門図書館としての機能

場所・室名 概要
3階 事務室
2階 児童書研究資料室 2つに分かれていた資料室(旧・第一資料室、第二資料室)を統合し、広く使いやすくなりました。(2015年9月~)
1階 研修室 講演会、各種研修、子どものための催しなどを開催します。
地下 書庫 将来にわたる資料保存環境を確保するため、すでに満架に近いレンガ棟書庫(約40万冊収蔵)に加えて、アーチ棟地下1、2階に新たに約65万冊規模の書庫を増設しました。
  • 新館建設計画
  • 建築状況
  • 政府広報オンライン:http://www.gov-online.go.jp/index.html
    徳光・木佐の知りたいニッポン!~児童書専門の図書館 国際子ども図書館へ行こう!
    トップページ > 暮らしのお役立ち情報 > おすすめ動画(徳光・木佐の知りたいニッポン!)