国際子ども図書館メールマガジン第66号(2013年12月25日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ---------------------------------------------------------------
     ★★★ 国際子ども図書館 メールマガジン★★★
              第66号(2013年12月25日発行)
                      ISSN 2185-1441
 ---------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

富士山の世界遺産登録、2020年東京オリンピック開催決定、「和食」の無形
文化遺産登録など、2013年は華やかで印象的なニュースが多い年でしたね。
国際子ども図書館でも、イベント、展示会などをたくさん開催してまいりま
したが、なにか一つでも、皆さまの心に残ったものがあれば、とても嬉しく
思います。
来年も実りの多い年になるよう、職員一同、力を尽くしてまいります。引き
続き、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

◆----目次-----------------------------------------------------------◆
1.お知らせ
●年末年始のご利用について
●平成25年度子ども読書連携フォーラムのご案内(2014年3月3日)
●平成25年度児童サービスワークショップのご案内(2014年3月4日)

2.展示会・イベント情報
☆1 展示会「日本の子どもの文学―国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」
ギャラリートークのお知らせ(2014年1月11日)
☆2 展示会「子どもを健やかに育てる本2013―厚生労働省社会保障審議会
推薦児童福祉文化財(出版物)」開催のお知らせ(2014年1月28日~2月23日)
☆3 12月~1月の小展示(子どものへや、資料室)

3.子どもと図書館の情報
●「子どもの本と図書館の動き」から

4.レファレンス支援コーナー
●レファレンス協同データベースのレファレンス事例

5.今月の「絵本ギャラリー」から

6.今月の「よんでみる?」から
◆-------------------------------------------------------------------◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●年末年始のご利用について

年末年始の次の期間、国際子ども図書館は休館いたします。
2013年12月27日(金)~2014年1月6日(月)

また、システムメンテナンスのため、NDL-OPACも次の期間で停止いたします。
2013年12月26日(木)~2014年1月6日(月)
この間は、NDL-OPACによる資料検索、遠隔複写申込み、図書館間貸出申込み
等の全機能が利用できません。
ご不便をお掛けし、申し訳ございません。この期間、資料検索はNDLサーチを
ご利用ください。

○開館日・開館時間
http://www.kodomo.go.jp/use/date/index.html

○NDL-OPACシステムメンテナンスのお知らせ
http://www.ndl.go.jp/jp/news/maintenance.html#20131122_1041

○NDLサーチ
http://iss.ndl.go.jp/

---------------------------------------------------------------

●平成25年度子ども読書連携フォーラムのご案内(2014年3月3日)

国際子ども図書館では、子どもの読書活動を更に推進するため、立場や館種
の異なる様々な読書関係者による「子ども読書連携フォーラム」を開催いた
します。
このフォーラムは、平成22年度から平成24年度に開催した児童サービス協力
フォーラムの成果を踏まえて、参加者を拡大して実施するものです。

▽日時:2014年3月3日(月)13時~16時
▽テーマ:「中高生への読書推進を考える」
▽会場:国際子ども図書館 3階ホール
▽対象:公共図書館員、学校図書館担当者、研究者、児童書出版社等
▽定員: 80名(申込多数の場合は調整)
▽参加費:無料(ただし、旅費等は受講者の負担)
▽申込期間:2014年1月7日(火)~2月3日(月)
▽申込方法:次の事項を記載の上、電子メールでお申し込みください。
(1)お名前(ふりがな)、(2)ご所属、(3)電話番号(緊急時の連絡用)、
(4)閉会後の自由懇談・交流の参加希望の有無 (5)ディスカッションの参考の
ために以下の質問への回答にご協力ください。
[図書館職員の方]貴館で行っている、中高生向けの読書案内・読書相談サー
ビスの概要、その成果と課題について
[図書館職員以外の方]公共図書館や学校図書館で行われている、中高生向け
の読書案内・読書相談サービスについてのご意見ご要望

*参加の可否は、2014年2月中旬までにお知らせします。
*電子メールでのお申込みができない場合は、下記にお電話ください。

▽申込み・問い合わせ先
国立国会図書館国際子ども図書館 児童サービス課 企画推進係
E-mail:h25forumアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー
TEL:03-3827-2053(代表)

○平成25年度児童サービス協力フォーラムのご案内
http://www.kodomo.go.jp/study/forum2/h25.html

---------------------------------------------------------------

●平成25年度児童サービスワークショップのご案内(2014年3月4日)

国際子ども図書館では、児童サービスに関して担当者間の意見交換・相互交
流に資するため、児童サービスワークショップを開催いたします。
昨年度開催した「図書館員向けのおはなし会体験会」においては、各館のお
はなし会について意見交換を行い、現状や課題について情報を共有すること
ができ、大変好評を得ました。今年度は時間を拡大し、ワークショップ形式
で開催いたします。

▽日時:2014年3月4日(火)9時30分~12時
▽テーマ:「公共図書館でのおはなし会を考える」
▽会場:国際子ども図書館 2階研修室
▽対象:公共図書館の児童サービス担当者
▽定員: 20名(1機関1名・申込多数の場合は調整)
▽参加費:無料(ただし、旅費等は受講者の負担)
▽申込期間:2013年12月3日(火)~2014年1月10日(金)
▽申込方法:次の必要事項を記載の上、電子メールでお申込みください。
(1)お名前(ふりがな)、(2)所属、(3)電話番号(緊急時の連絡用)、
(4)閉会後(14時~)の見学ツアーへの参加希望の有無

*参加者の方には、申込後に事前アンケートをお送りします。
*応募多数の場合は調整いたします。2014年1月末までに、全申込者に対して
参加の可否をお知らせします。
*電子メールでのお申込みができない場合は、下記にお電話ください。

▽申込み・問い合わせ先
国立国会図書館国際子ども図書館 児童サービス課 児童サービス係
E-mail:jisaws2013アットマークケーオーディーオーエムオーピリオドジーオーピリオドジェーピー
TEL:03-3827-2053(代表)

○平成25年度児童サービスワークショップのご案内
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2013-15.html

---------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.展示会・イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆1 展示会「日本の子どもの文学-国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」
ギャラリートークのお知らせ(2014年1月11日)

3階本のミュージアムで開催中の展示会「日本の子どもの文学―国際子ども図
書館所蔵資料で見る歩み」では、ギャラリートークを行います。展示会
スタッフが、児童文学者コーナー(第6回)に展示している那須正幹の作品の
ほか、明治から現代までの日本の子どもの本の歴史をご案内します。
どうぞご参加ください。

▽日時:2014年1月11日(土) 1回目13時30分~ 2回目15時~
▽会場:国際子ども図書館 3階本のミュージアム
▽参加費:無料
※時間は各回30分程度です。
※事前申込不要です。当日は直接3階「本のミュージアム」へお越しください。

○日本の子どもの文学―国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2011-01.html

---------------------------------------------------------------

☆2 展示会「子どもを健やかに育てる本2013―厚生労働省社会保障審議会
推薦児童福祉文化財(出版物)」開催のお知らせ(2014年1月28日~2月23日)

 2014年1月28日(火)から、展示会「子どもを健やかに育てる本2013―厚生
労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)」を厚生労働省との共
催で開催します。この展示会では、児童の福祉の向上、子どもたちの健やかな
育ちに役立てることを目的として厚生労働省社
会保障審議会が推薦した絵本や図書49タイトルを手にとってご覧いただくこと
ができます。
幼児向けの絵本から高校生以上も楽しめる図書まで、また、物語からノンフィ
クションまで、幅広い分野の本を展示しており、子どもの成長段階に合った本
に出会うことができます。
ぜひご来場ください。

▽開催日:2014年1月28日(火)~2月23日(日)
▽会場:国際子ども図書館 3階ホール

○展示会「子どもを健やかに育てる本2013」
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2014-01.html

---------------------------------------------------------------

☆3 12月~1月の小展示(子どものへや、資料室)
館内では、季節や時事に合わせ、さまざまなテーマで児童書の小展示を行っ
ています。
展示リストは、過去に展示したものも含めて、ホームページでご覧いただけ
ます。

■子どものへやの小展示
▽「絶滅の危機!? もっと知りたいカバのこと」(子どものへや ~2013.12)
▽「今年はウマ年 かけぬけろ!」(子どものへや 2014.1~2014.2)
▽「雪のなかにでかけよう」(子どものへや 2013.12~2014.2)
▽「「日本の子どもの文学-国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」関連小展
示~手に取る日本の児童文学者たち~」(世界を知るへや 開催中)
▽「世界で読まれている日本の子どもの本」(世界を知るへや 開催中)

○子どものへや・世界を知るへやの小展示
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/month.html

■資料室の小展示
▽「那須正幹の仕事」(第一資料室 開催中)
現在開催中の展示会「日本の子どもの文学 -国際子ども図書館所蔵資料で見
る歩み」の「児童文学者コーナー」の展示替えにあわせて、那須正幹を特集
します。
▽「2012年日本の児童図書賞受賞作品」(第一資料室 開催中)
2012年に日本の主要な児童図書賞を受賞した作品を展示しています。
▽「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書リスト」(第一資料室 
開催中)
公共図書館、学校図書館、文庫等で子どもへのサービスを担当している方、
絵本などの児童書やおはなし(ストーリーテリング)に興味・関心のある方に、
先ず読んで欲しい基本図書を集めました。
▽「海外のシンデレラ絵本」(第二資料室 2013.10.17~2014.1.14)
17か国で出版されたシンデレラ絵本を集めました。中にはパロディ作品や、
シンデレラの物語をおりまぜて新しく創作した作品もあります。小道具や登
場人物、舞台となる場所や時代の設定などの違いも探してみてはいかがでしょ
うか。

○資料室の小展示
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.子どもと図書館の情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「子どもの本と図書館の動き」から

子どもの本と図書館の動きは、児童書や図書館における児童サービスに関す
る国内外の動向をお知らせする、国際子ども図書館ホームページ内のコンテ
ンツです。
http://www.kodomo.go.jp/info/index.html

( )内の日付は国際子ども図書館ホームページ掲載年月です。

○2013年エルサ・ベスコフ賞、ニルス・ホルゲション賞の受賞者決定【2013-110】
(2013年12月24日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2013/2013-110.html

○学校図書館に関する調査(オーストラリア) 【2013-111】(2013年12月24日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2013/2013-111.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.レファレンス支援コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●レファレンス協同データベースのレファレンス事例
国際子ども図書館に寄せられたレファレンス事例を紹介します。

Q.白クマとサンドイッチマンという言葉が出てくる、クリスマスまたはクリ
スマスイブのお話の絵本を探している。

http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062207

(最終更新日:2010年1月21日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.今月の「絵本ギャラリー」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、国際子ども図書館で作成している電子展示会「絵本ギャ
ラリー」の中から資料をピックアップして紹介いたします。
今回は、戦前期の代表的な絵雑誌『コドモノクニ』に掲載された作品をご覧
いただけるコンテンツ、「『コドモノクニ』掲載作品検索」の中から紹介し
ます。

『クリスマスの夜』 鈴木 信太郎(画)

>異国情緒あふれる街並みにサンタさんがやってきました。
>この作品が掲載された1930年前後は、ちょうど日本にもクリスマスを祝う
>習慣が定着し始めた頃だそうです。当時の日本のクリスマスは、どんな雰
>囲気だったのでしょうね。

○絵本ギャラリー
http://www.kodomo.go.jp/gallery/index.html
絵本ギャラリー>「『コドモノクニ』掲載作品検索」から、キーワード「ク
リスマスの夜」で検索してください。「拡大」ボタンでページを拡大できます。
※「『コドモノクニ』掲載作品検索」を見るには、Adobe Flash Playerのイン
 ストールが必要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.今月の「よんでみる?」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キッズページ「しらべてみよう!」の「よんでみる?」では、小学生がさま
ざまな知識に出会える本を毎月紹介しています。今月は『ベッドのしたには
なにがある?』です。バックナンバーもぜひご覧ください。

○キッズページ>しらべてみよう!>よんでみる?
http://www.kodomo.go.jp/kids/research/book/index.html

---------------------------------------------------------

※バックナンバーはこちらから:
http://www.kodomo.go.jp/about/mailmagazine/index.html

※引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。

※国際子ども図書館メールマガジンへのご意見・お問い合わせは<kodomomailmagaアットマークケーオーディーオーエムオーピリオドジーオーピリオドジェーピー>まで

※登録情報の変更はこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lglc-b5709cfbfb69244ed67f2fa67a648e0b

※配信停止の手続きはこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lgle-49a1d12b74f892df908eed7f06585396

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際子ども図書館メールマガジン 第66号 2013年12月25日発行
編集・発行:国立国会図書館国際子ども図書館企画協力課
      東京都台東区上野公園 12-49
      03(3827)2053(代表)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━