国際子ども図書館について

国際子ども図書館メールマガジン第100号( 2016年2月24日 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ---------------------------------------------------------------
          ★★★ 国際子ども図書館 メールマガジン★★★
                                      第100号(2016年2月24日発行)
                                                               ISSN 2185-1441
  ---------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも国際子ども図書館メールマガジンをご愛読いただきまして、ありがとう
ございます。おかげさまで、本メールマガジンも第100号となりました。これ
からも、皆さまに国際子ども図書館や子どもの本に関する情報をお届けしてい
きます。どうぞよろしくお願いいたします。

◆----目次-----------------------------------------------------------◆
1.リニューアル関連コーナー
● 子どものへや・世界を知るへやの開室
● 国際子ども図書館ガイドツアー・団体見学の再開

2.展示会・イベント情報
☆1 「子どものための絵本と音楽の会」のお知らせ(2月29日申込締切)
☆2 展示会「現実へのまなざし、夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世
紀」開催のお知らせ(3月22日~7月24日)
☆3 2月~3月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)

3.子どもと図書館の情報
●「子どもの本と図書館の動き」から

4.レファレンス支援コーナー
● レファレンス協同データベースのレファレンス事例

5.今月の「絵本ギャラリー」から

6.今月の「よんでみる?」から
◆-------------------------------------------------------------------◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.リニューアル関連コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 子どものへや・世界を知るへやの開室

3月1日(火)に、国際子ども図書館レンガ棟1階の子どものへや・世界を知る
へやがリニューアルオープンします。
子どものへやは、おもに小学生までの子どもを対象とした児童書(絵本、読み
物、知識の本)が置いてある部屋です。くつを脱いで本を読むことができるス
ペースを新設しました。お子さんにゆったりと読み聞かせをすることができま
す。
世界を知るへやは、世界の国と地域を知るための本を揃えた部屋です。これま
で並んでいた一般向けの本をレンガ棟2階の調べものの部屋に移し、新たに海
外の絵本や物語約600冊と、各国語に翻訳された児童書約400冊を加えました。
国による表現の違いや、日本語原書との読み比べを楽しむことができます。ほ
かに、「『IFLA絵本で世界を知ろうプロジェクト』展示」、「世界で読まれて
いる日本の子どもの本」、「ABCの本」、「かずの本」のコーナーがあります。
また、1月から休止していた「子どものためのおはなし会」「ちいさな子ども
のためのわらべうたと絵本の会」を3月から再開します。開催頻度に変更があ
ります。
詳しくは国際子ども図書館ホームページをご覧ください。

○子どものためのおはなし会
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/talk.html

○ちいさな子どものためのわらべうたと絵本の会
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/song.html

---------------------------------------------------------------

● 国際子ども図書館ガイドツアー・団体見学の再開

毎週火・木曜日の午後2時からのガイドツアーと、各団体からのお申込みに応
じて行う団体見学を、3月1日(火)から再開します。
館内の各部屋を、当館の役割や仕事、所蔵している本などの説明をまじえなが
ら、当館のスタッフがご案内します。明治39年に帝国図書館として建築された
レンガ棟の歴史や見どころに加え、昨年オープンした新館アーチ棟についても
ご紹介します。
ガイドツアーの定員は毎回20名で、個人参加が可能です。空きがあれば当日参
加も可能ですが、事前の予約がおすすめです。団体見学の定員は10名~40名程
度です。国際子ども図書館について深く知りたい方は、ぜひご参加ください。

○国際子ども図書館ガイドツアー
http://www.kodomo.go.jp/use/tour/public.html#anchor02

○国際子ども図書館団体見学
http://www.kodomo.go.jp/use/tour/public.html#anchor03

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.展示会・イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆1 「子どものための絵本と音楽の会」のお知らせ(2月29日申込締切)

国際子ども図書館では、東京・春・音楽祭実行委員会との共催で、「子どもの
ための絵本と音楽の会」を開催します。ピアノとコントラバスの演奏にあわせ
て、絵本『ぐるんぱのようちえん』の朗読を楽しむ会です。

▽日時:3月26日(土) (1)13時30分~(2)15時~(各回とも30分程度)
▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階ホール
▽対象:3歳から中学生までの子ども及びその保護者
     (原則として子ども1名につき保護者1名)
▽定員:各回100名程度
      (※申込多数の場合は抽選。当落にかかわらず3月11日(金)までに
          ご連絡します。)
▽参加費:無料
▽申込期間:2月1日(月)~2月29日(月)
▽申込方法:次のいずれかの方法でお申し込みください(必着)。
[申込フォーム]
東京・春・音楽祭のホームページのイベント情報ページにある申込みフォーム
からお申し込みください。
[往復はがき]
①参加希望時間、②参加人数(保護者含む)、③参加者全員の氏名及び子ども
の年齢、④住所、⑤電話・FAX番号をご記入の上、下記の申込み先までお送り
ください。

○申込み・問い合わせ先
東京・春・音楽祭実行委員会「絵本と音楽の会」係
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム15階
ホームページURL  http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3306.html
電話 03(5205)6497

○子どものための絵本と音楽の会『ぐるんぱのようちえん』
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2016-02.html

---------------------------------------------------------

☆2 展示会「現実へのまなざし、夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世
紀」開催のお知らせ(3月22日~7月24日)

3月22日(火)から7月24日(日)まで、国際子ども図書館リニューアル記念展
示会「現実へのまなざし、夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」を開催
します。
1970年代以降に邦訳された海外児童文学を、その多様性に着目して、次の8つ
のテーマから紹介します。
①子ども像の展開 ②家族像の変容 ③ジャンルの崩壊 ④タブーへの挑戦
⑤戦争への視点 ⑥旧作の再解釈 ⑦ファンタジーの隆盛 ⑧1970年代以降の
注目作家

2000年の国際子ども図書館開館時には、「子どもの本・翻訳の歩み展」を開催
し、明治期以降1960年代までの翻訳児童文学を時系列で紹介しました。今回の
展示会は、その後続企画となります。展示資料はおよそ300点です。
皆さまのご来場をお待ちしております。

▽開催期間:3月22日(火)~7月24日(日)
▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階本のミュージアム

○展示会「現実へのまなざし、夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2016-01.html

---------------------------------------------------------

☆3 2月~3月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)

館内では、季節や時事に合わせ、さまざまなテーマで児童書の小展示を行って
います。
展示リストは、過去に展示したものも含めて、ホームページでご覧いただけま
す。

■子どものへやの小展示
▽「あたらしい生活」(子どものへや 3月1日~)

○子どものへや・世界を知るへやの小展示
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/month.html

■児童書研究資料室の小展示
▽「国際アンデルセン賞を受賞した日本の作家と画家」(~3月15日)
国際アンデルセン賞は、国際児童図書評議会(International Board on Books
 for Young People:IBBY)によって与えられる国際的な児童文学賞です。
「小さなノーベル賞」とも呼ばれ、児童文学に永続的な貢献をした存命の作家
および画家の全業績に対して、隔年で贈られています。今回はこの賞を受賞し
た4人の日本人作家・画家の作品のうち、様々な国で翻訳されたものの一部と
関連資料を展示します。
▽「2015年 日本の児童文学賞受賞作品」(2月23日~)
2015年に日本の主要な児童文学賞を受賞した作品を展示しています。
▽「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書リスト」(開催中)
公共図書館、学校図書館、文庫等で子どもへのサービスを担当している方、絵
本などの児童書やおはなし(ストーリーテリング)に興味・関心のある方に、
まず読んで欲しい基本図書を集めました。

○資料室の小展示
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.子どもと図書館の情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「子どもの本と図書館の動き」から

子どもの本と図書館の動きは、児童書や図書館における児童サービスに関する
国内外の動向をお知らせする、国際子ども図書館ホームページ内のコンテンツ
です。
http://www.kodomo.go.jp/info/child/index.html

( )内の日付は国際子ども図書館ホームページ掲載年月です。

○10代へ読み聞かせを行う取組(米国)【2016-020】(2016年2月22日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-020.html

○子ども向け書籍の展示施設「楽学会inおびやまち」【2016-021】
(2016年2月22日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-021.html

○2015年コスタ賞児童図書部門の受賞作品決定【2016-022】(2016年2月22日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-022.html

○2016年スコット・オデール賞の受賞作品決定【2016-023】(2016年2月22日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-023.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.レファレンス支援コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● レファレンス協同データベースのレファレンス事例
国際子ども図書館に寄せられたレファレンス事例を紹介します。

Q.1970年代の始めに読んだ、世界各国の話が入った昔話集を探している。

http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184129

(最終更新日:2015年11月19日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.今月の「絵本ギャラリー」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、国際子ども図書館で作成している電子展示会「絵本ギャラ
リー」の中から資料をピックアップして紹介いたします。
今回は、戦前期の代表的な絵雑誌『コドモノクニ』に掲載された作品をご覧い
ただけるコンテンツ、「『コドモノクニ』掲載作品検索」の中から紹介します。

『桃林』(10巻6号) 岡本 帰一(画)

桃色の景色の中を、汽車が煙を上げて走り抜けていきます。それに反応するよ
うに、子どもたちが桃林を横にはしゃいでいるようです。

○絵本ギャラリー
http://www.kodomo.go.jp/gallery/index.html
絵本ギャラリー>「『コドモノクニ』掲載作品検索」から、キーワード「桃
林」で検索してください。「拡大」ボタンでページを拡大できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.今月の「よんでみる?」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キッズページ「しらべてみよう!」の「よんでみる?」では、小学生がさまざ
まな知識に出会える本を毎月紹介しています。
今月は『図書館のトリセツ』です。バックナンバーもぜひご覧ください。

○キッズページ>しらべてみよう!>よんでみる?
http://www.kodomo.go.jp/kids/research/book/index.html

---------------------------------------------------------

※バックナンバーはこちらから:
http://www.kodomo.go.jp/about/mailmagazine/index.html

※引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。

※国際子ども図書館メールマガジンへのご意見・お問合せは
<kodomomailmagaアットマークケーオーディーオーエムオーピリオドジーオーピリオドジェーピー>まで

※登録情報の変更はこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lglc-b5709cfbfb69244ed67f2fa67a648e0b

※配信停止の手続きはこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lgle-49a1d12b74f892df908eed7f06585396

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際子ども図書館メールマガジン 第100号 2016年2月24日発行
編集・発行:国立国会図書館国際子ども図書館企画協力課
                東京都台東区上野公園 12-49
                03(3827)2053(代表)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━