国際子ども図書館メールマガジン第117号(2016年11月24日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ---------------------------------------------------------------
          ★★★ 国際子ども図書館 メールマガジン★★★
                                      第117号(2016年11月24日発行)
                                                               ISSN 2185-1441
  ---------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年は、日本とイタリアの国交樹立150周年にあたり、各地でイタリアに関
連するイベントが開催されています。
国際子ども図書館では、開催中の展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本
のファンタジスタたち」をはじめ、館内の各部屋でもイタリア関連の児童書を
展示していますので、ぜひご来館ください。

◆----目次-----------------------------------------------------------◆
1.展示会・イベント情報
☆1 展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
開催のお知らせ(10月25日~12月25日)
☆2 展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
ギャラリートーク開催のお知らせ
☆3 11月~12月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)

2.子どもと図書館の情報
●「子どもの本に関するニュース」から

3.レファレンス支援コーナー
● リサーチ・ナビの「調べ方案内」から

4.今月の「絵本ギャラリー」から

5.今月の「よんでみる?」から
◆-------------------------------------------------------------------◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.展示会・イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆1 展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
開催のお知らせ(10月25日~12月25日)

12月25日(日)まで、展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタ
ジスタたち」を開催しています。
イタリアには、1982年に創設されたイタリア・アンデルセン賞という児童文学
賞があります。今回は1982年から2015年までのイタリア・アンデルセン賞受賞
者を中心に、イタリアの子どもの本の作家・画家58名を、国際子ども図書館所
蔵のイタリアの児童書約2,600冊の中から、関連する約280冊の資料で紹介して
います。
ブルーノ・ムナーリやロベルト・インノチェンティ、ロベルト・ピウミーニな
どの作家や画家による、イタリアの魅力あふれる物語の世界、多様な表現方法
をお楽しみください。
入場は無料です。皆さまのご来場をお待ちしております。

▽開催期間:10月25日(火)~12月25日(日)
▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階本のミュージアム

○展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2016-03.html

---------------------------------------------------------

☆2 展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
ギャラリートーク開催のお知らせ

開催中の展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
について、展示会担当スタッフが、展示の見どころをご紹介するギャラリー
トークを開催します。ぜひご参加ください。

▽日時:11月26日(土) (1)13時30分~ (2)15時~ (各回約30分)
            12月4日(日)  (1)13時30分~ (2)15時~ (各回約30分)
            12月10日(土) (1)13時30分~ (2)15時~ (各回約30分)
            12月18日(日) (1)13時30分~ (2)15時~ (各回約30分)
            12月25日(日) (1)13時30分~ (2)15時~ (各回約30分)
▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階本のミュージアム
▽入場:無料
※事前申込不要です。当日は直接「本のミュージアム」へお越しください。

○展示会「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2016-03.html

--------------------------------------------------------------

☆3 11月~12月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)

館内では、季節や時事に合わせ、さまざまなテーマで児童書の小展示を行って
います。
展示リストは、過去に展示したものも含めて、ホームページでご覧いただけま
す。

■子どものへやの小展示
▽「カバの本」(子どものへや ~11月30日)
▽「心もほかほか、おいしい本」(子どものへや 12月1日~2017年2月28日)

○子どものへや・世界を知るへやの小展示
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/month.html

■児童書研究資料室の小展示
▽「こんにちは!イタリア―子どもの本のファンタジスタたち」関連小展示
(10月25日~12月27日)
レンガ棟3階本のミュージアムで行われる展示会「こんにちは!イタリア―子
どもの本のファンタジスタたち」(10月25日~12月25日)にちなんで、イタリ
ア・アンデルセン賞受賞作家の代表作や、作品賞を受賞した本などを含めた関
連資料を展示しています。
▽「2015年 日本の児童文学賞受賞作品」(開催中)
2015年に日本の主要な児童文学賞を受賞した作品を展示しています。
▽「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書リスト」(開催中)
公共図書館、学校図書館、文庫等で子どもへのサービスを担当している方、絵
本などの児童書やおはなし(ストーリーテリング)に興味・関心のある方に、
まず読んで欲しい基本図書を集めました。

○資料室の小展示
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.子どもと図書館の情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「子どもの本に関するニュース」から

子どもの本に関するニュースは、児童書や図書館における児童サービスに関す
る国内外の動向をお知らせする、国際子ども図書館ホームページ内のコンテン
ツです。
http://www.kodomo.go.jp/info/index.html

( )内の日付は国際子ども図書館ホームページ掲載年月です。

○2016年ドイツ児童文学賞の受賞作品決定【2016-105】(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-105.html

○2016年のTeens’ Top Ten、発表【2016-106】(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-106.html

○国際識字デー(9月8日)【2016-107】(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-107.html

○「日販図書館選書センター」が開設【2016-108】(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-108.html

○2016年エルサ・ベスコフ賞、ニルス・ホルゲション賞の受賞者決定
【2016-109】(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-109.html

○2016年ボローニャ・ラガッツィ賞の受賞者決定【2016-110】
(2016年11月21日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2016/2016-110.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.レファレンス支援コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● リサーチ・ナビの「調べ方案内」から

リサーチ・ナビの「調べ方案内」では、キーワード検索やカテゴリ、資料の種
類から調べ方を紹介し、児童書についての調べものに役立つ資料や調べ方のノ
ウハウを提供しています。

▽外国の児童図書賞を調べる NEW!

英語圏を中心とした外国の児童図書賞全般、あるいはそれぞれの賞について書
かれた関連資料について紹介します(2016年新着記事)。

○トップ>調べ方案内>児童書>絵本・児童書の調べ方>受賞情報>外国の児
童図書賞を調べる
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-807.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今月の「絵本ギャラリー」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、国際子ども図書館で作成している電子展示会「絵本ギャラ
リー」の中から資料をピックアップして紹介いたします。
今回は、ヨーロッパで本格的な絵本の時代のはじまる以前の、著名な挿絵画家
の作品などがご覧いただけるコンテンツ「子どもの本 イメージの伝承」の中
から紹介します。

『不思議の国のアリス』 ジョン・テニエル(絵)、ルイス・キャロル(文)

映像化されることも多い本作品ですが、原作をご覧になったことはあります
か?続編の『鏡の国のアリス』を含む原作の挿絵をご覧いただけますので、皆
さまの中のアリスのイメージと比較してみてはいかがでしょうか。

○絵本ギャラリー
http://www.kodomo.go.jp/gallery/index.html
絵本ギャラリー>「子どもの本 イメージの伝承」からご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.今月の「よんでみる?」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キッズページ「しらべてみよう!」の「よんでみる?」では、小学生がさまざ
まな知識に出会える本を毎月紹介しています。
今月は『あんごうあそび』です。バックナンバーもぜひご覧ください。

○キッズページ>しらべてみよう!>よんでみる?
http://www.kodomo.go.jp/kids/research/book/index.html

---------------------------------------------------------

※バックナンバーはこちらから:
http://www.kodomo.go.jp/about/mailmagazine/index.html

※引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。

※国際子ども図書館メールマガジンへのご意見・お問合せは
<kodomomailmagaアットマークケーオーディーオーエムオーピリオドジーオーピリオドジェーピー>まで

※登録情報の変更はこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lglc-b5709cfbfb69244ed67f2fa67a648e0b

※配信停止の手続きはこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lgle-49a1d12b74f892df908eed7f06585396

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際子ども図書館メールマガジン 第117号 2016年11月24日発行
編集:国立国会図書館国際子ども図書館企画協力課
         〒110-0007 東京都台東区上野公園 12-49
         電話 03(3827)2053(代表)
発行:国立国会図書館
         〒100-8924 東京都千代田区永田町 1-10-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━