国際子ども図書館メールマガジン第130号(2017年8月23日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ---------------------------------------------------------------
                    ★★★ 国際子ども図書館 メールマガジン★★★
                                                    第130号(2017年8月23日発行)
                                                                         ISSN 2185-1441
       ---------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

図書館資料にとって温度や湿度の急激な変化は大敵です。国際子ども図書館も、
貴重な資料を長く保存するため、書庫の温湿度管理に気をつけています。見学
ツアー参加の際には、資料や建築だけでなく、ぜひ書庫の環境にも注目してみ
てください。

◆----------目次-----------◆
1.お知らせ
● デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について(8月21日~)
●第103回全国図書館大会関連行事 国立国会図書館見学会(東京本館/国際子
ども図書館)開催のお知らせ(10月11日)
●児童書研究資料室休室のお知らせ(12月19日)

2.展示会・イベント情報
☆1 展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」開催のお知らせ
(11月1日~30日)
☆2 講演会「江戸の絵本〈草双紙〉の世界」開催のお知らせ(11月5日)
☆3 シンポジウム「子どもの本の視点から震災を考える」開催のお知らせ
(9月24日)
☆4「夏休み読書キャンペーン2017」開催のお知らせ(~9月3日)
☆5 8月~9月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)

3.子どもと図書館の情報
●「子どもと本に関するニュース」から

4.レファレンス支援コーナー
● リサーチ・ナビの「調べ方案内」から

5.今月の絵本ギャラリーから

6.今月の「よんでみる?」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について(8月21日~)
資料のデジタル化作業のため、原資料の利用を下記のとおり一部休止します。
▽利用休止資料:国際子ども図書館所蔵の国内刊行和雑誌
▽対象冊数  :約70タイトル 約300冊
▽利用休止期間:平成29年8月21日~平成30年3月末日(予定)

ご利用いただけない資料は、NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システ
ム)の所蔵詳細画面上に、「作業中」の表示でお知らせしています。ご利用に
あたっては、事前に検索してご確認ください。
詳細及び国際子ども図書館所蔵資料以外のデジタル化に伴う利用休止資料につ
いては、下記のお知らせをご参照ください。

○国際子ども図書館ホームページ>利用案内>各室の利用案内>児童書研究資
料室
http://www.kodomo.go.jp/use/room/data.html#anchor2
○国立国会図書館ホームページ>国立国会図書館について>資料デジタル化に
ついて>デジタル化作業に伴う原資料の利用休止について
http://www.ndl.go.jp/jp/preservation/digitization/unavailable.html

○お問い合わせ先
国立国会図書館 国際子ども図書館 資料情報課
電話:03-3827-2053(代表)

----------------------------------------------------
●第103回全国図書館大会関連行事 国立国会図書館見学会(東京本館/国際子
ども図書館)開催のお知らせ(10月11日)

国立国会図書館は10月11日(水)に、第103回全国図書館大会関連行事として
図書館大会参加者および一般の方を対象に、東京本館・国際子ども図書館の見
学会を開催します。参加は無料です。

■国立国会図書館東京本館見学会及び展示会ガイダンス
▽日時:2017年10月11日(水)
第1回 10:00から11:30(定員20名)
第2回 14:00から15:30(定員20名)
▽会場:国立国会図書館東京本館(集合場所:南口)
▽内容:館内ホール(本館・新館)や新館書庫をご案内するほか、10月10日
(火)から開催する展示会「挿絵の世界」のガイダンスも行います。挿絵は、
小説や物語を支え、彩る存在として人々に親しまれ、新聞や雑誌といった新し
いメディアの普及にも貢献してきました。今回の展示では、明治の錦絵新聞か
ら平成のライトノベルまで、約90点を展示します。

■国立国会図書館国際子ども図書館見学会
▽日時:2017年10月11日(水)
第1回 10:00から11:30 (ビデオ視聴含む)(定員20名)
第2回 14:00から15:30 (ビデオ視聴含む)(定員40名)
▽会場:国立国会図書館国際子ども図書館(集合場所:レンガ棟1階エントラ
ンス)
▽内容:国際子ども図書館の仕事や役割、各資料室をご案内するほか、明治39
年に帝国図書館として建築された建物の歴史や見どころについてもご紹介しま
す。

内容の詳細および申込方法については、以下のページをご覧ください。申込み
フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください(締切:10月5日(木)1
7:00)。

○第103回全国図書館大会関連行事 国立国会図書館見学会(東京本館/
国際子ども図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20171011librarytour.html

○お問い合わせ先
国立国会図書館 総務部 支部図書館・協力課
電話 03(3581)2331
メールアドレスevents@ndl.go.jp

----------------------------------------------------
● 児童書研究資料室の休室のお知らせ(12月19日)
児童書研究資料室は、平成30年1月に予定しているシステム切替え準備のため、
平成29年12月19日(火)に臨時休室します。
児童書研究資料室以外の部屋(子どものへや、世界を知るへや、調べものの部
屋、児童書ギャラリー)は開室しています。

○国際子ども図書館ホームページ>利用案内>各室の利用案内
http://www.kodomo.go.jp/use/room/index.html

○お問い合わせ先
国立国会図書館 国際子ども図書館 資料情報課
電話:03-3827-2053(代表)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.展示会・イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆1 展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」開催のお知らせ
(11月1日~30日)

11月1日(水)から、ちひろ美術館(いわさきちひろ記念事業団)との共催で、
展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」を開催します。
この展示会では、ちひろ美術館の所蔵する資料や絵本画家の作品、国立国会図
書館所蔵の古典籍資料や絵本・絵雑誌を通し、日本を代表する絵巻から現代の
絵本までをご紹介します。
皆さまのご来場をお待ちしております。

▽開催期間:11月1日(水)~30日(木)
※11月16日(木)から一部展示資料が入れ替わります。
▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム

○展示会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2017-03.html

----------------------------------------------------

☆2 講演会「江戸の絵本〈草双紙〉の世界」開催のお知らせ(11月5日)

国際子ども図書館では、11月1日(水)から30日(木)まで、展示会「日本の
絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」を開催します。この展示会の関連講演
会として、木村八重子氏(元金城学院大学教授・草双紙研究家)を講師にお迎
えし、江戸の絵本〈草双紙〉についてお話しいただきます。参加は無料です。

▽日時:11月5日(日)14時~16時(13時30分受付開始)
▽会場:国際子ども図書館 アーチ棟1階研修室1
▽講師:木村八重子氏(元金城学院大学教授・草双紙研究家)
▽対象:中学生以上
▽定員:100名
▽参加費:無料
▽申込方法:インターネット、往復はがきの2通りの方法があります。
            事前申込制、申込多数の場合は抽選になります。
▽締切:10月23日(月)必着

詳細は国際子ども図書館ホームページをご覧ください。

○講演会「江戸の絵本〈草双紙〉の世界」
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2017-10.html

○お問い合わせ先
国立国会図書館 国際子ども図書館 「11月5日講演会」担当
電話 03(3827)2053(代表)

----------------------------------------------------

☆3 シンポジウム「子どもの本の視点から震災を考える」開催のお知らせ
(9月24日)

震災から6年を経て、子どもの本の作り手たちが、東日本大震災についての想
いをパネルディスカッションにて語り合います。

【主催】国立国会図書館国際子ども図書館/岩手県教育委員会/岩手県立図書

○詳細は岩手県立図書館のホームページをご覧ください。
http://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/event/20170924_shinsai.html

▽日時:9月24日(日)14時~16時30分
▽会場:岩手県民会館中ホール 岩手県盛岡市内丸13-1
▽講師:
○パネリスト(50音順)
アーサー・ビナード氏(詩人)
柏葉幸子氏(児童文学作家)
濱野京子氏(児童文学作家)
○コーディネーター
野上暁氏(児童文学・文化評論家)

▽定員:400名
▽参加費:無料
▽申込方法:岩手県立図書館のホームページをご覧ください。
http://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/event/20170924_shinsai.html

----------------------------------------------------

☆4「夏休み読書キャンペーン2017」開催のお知らせ(~9月3日)

夏休みにあわせて、9月3日(日)まで、子どものへや、世界を知るへやで、
読書キャンペーンを開催しています。本を読んでクイズに答える子ども向けの
キャンペーンです。クイズは、初級編、中級編、上級編のレベル別に3コース
(各5問)あります。読みたい本が決まらない子、見つからない子にも、クイ

を通して本に親しむきっかけを見つけてもらいたいと考えています。クイズに
挑戦したい方は、子どものへやのカウンターに声をおかけください。

----------------------------------------------------

☆5 8月~9月の小展示(子どものへや、資料室)

館内では、季節や時事に合わせ、さまざまなテーマで児童書の小展示を行って
います。
展示リストは、過去に展示したものも含めて、ホームページでご覧いただけま
す。

■子どものへやの小展示
▽「楽しい夏」(~8月31日)
▽「秋の本」(9月1日~)

○子どものへや・世界を知るへやの小展示
http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/month.html

■児童書研究資料室の小展示
▽「海外の児童文学賞受賞作品~タイ」(8月22日~)
海外の児童文学賞受賞作品等を紹介する小展示です。第2回は、日・タイ修好1
30周年によせて、タイの主要な児童文学賞等の受賞作品を展示します。

▽「世界をつなぐ子どもの本―2016年国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト
図書展」関連小展示(開催中)
レンガ棟3階の本のミュージアムでは、8月1日~8月20日の間、「世界をつなぐ
子どもの本―2016年国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト図書展」が開かれ
ています。それにちなみ、アーチ棟2階の児童書研究資料室では、IBBYオナー
リストで表彰された作家・画家の、オナーリスト以外の作品を展示します。

▽「2016年 日本の児童文学賞受賞作品」(開催中)
2016年に日本の主要な児童文学賞を受賞した作品を展示します。

▽「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書リスト」(開催中)
公共図書館、学校図書館、文庫等で子どもへのサービスを担当している方、絵
本などの児童書やおはなし(ストーリーテリング)に興味・関心のある方に、
まず読んで欲しい基本図書を集めました。

○資料室の小展示
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.子どもと図書館の情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「子どもと本に関するニュース」から

子どもの本に関するニュースは、児童書や図書館における児童サービスに関す
る国内外の動向をお知らせする、国際子ども図書館ホームページ内のコンテン
ツです。
http://www.kodomo.go.jp/info/index.html
( )内の日付は国際子ども図書館ホームページ掲載年月です。

○2018年フェニックス賞及びフェニックス絵本賞の受賞作品決定
【2017-070】(2017年8月20日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-070.html

○スクールバスを移動図書館にする試み(米国)
【2017-071】(2017年8月20日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-071.html

○子どもたちに本を届けるBooks on Bikes(米国)
【2017-072】(2017年8月20日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-072.html

○文部科学省、子供の読書活動推進に関する有識者会議(第1回)の資料を公
開【2017-073】(2017年8月20日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-073.html

○松田町(神奈川県)と講談社、「学校教育環境の充実に関する包括連携協
定」を締結【2017-074】(2017年8月20日)
http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-074.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.レファレンス支援コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●リサーチ・ナビの「調べ方案内」から
リサーチ・ナビの「調べ方案内」では、キーワード検索やカテゴリ、資料の種
類から調べ方を紹介し、児童書についても調べものに役立つ資料や調べ方のノ
ウハウを提供しています。

▽児童書コレクションを有する国内の類縁機関紹介
児童書コレクションを有する日本国内の機関のうち、代表的な機関のウェブサ
イト等の情報をご紹介します。
○トップ>調べ方案内>児童書>児童書関連機関>児童書コレクションを有す
る国内の類縁機関紹介
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/opac.php

(最終更新日:2017年7月3日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.今月の「絵本ギャラリー」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、国際子ども図書館で作成している電子展示会「絵本ギャラ
リー」の中から資料をピックアップして紹介します。
今回は、戦前期の代表的な絵雑誌『コドモノクニ』に掲載された作品をご覧い
ただけるコンテンツ、「『コドモノクニ』掲載作品検索」の中から紹介します。

『ネズミハナビ』本田庄太郎 5巻7号
大勢で見る打ち上げ花火は見ごたえがありますが、小さくても動き回るねずみ
花火も楽しいものです。夏の夜、ねずみ花火で遊ぶおばあさんと子どもたち。
本田庄太郎が表情豊かに描いています。

○絵本ギャラリー
http://www.kodomo.go.jp/gallery/index.html
絵本ギャラリー>「コドモノクニ 掲載作品検索」からキーワード「ネズミハ
ナビ」で検索してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.今月の「よんでみる?」から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キッズページ「しらべてみよう!」の「よんでみる?」では、小学生がさまざ
まな知識に出会える本を毎月紹介しています。
9月は『じゃんけん学』です。バックナンバーもぜひご覧ください。

○キッズページ>しらべてみよう!>よんでみる?
http://www.kodomo.go.jp/kids/research/book/index.html

---------------------------------------------------------
※バックナンバーはこちらから:
http://www.kodomo.go.jp/about/mailmagazine/index.html

※引用、転載等は、著作権法の範囲内で行ってください。

※国際子ども図書館メールマガジンへのご意見・お問合せは
<kodomomailmaga@kodomo.go.jp>まで

※登録情報の変更はこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lglc-b5709cfbfb69244ed67f2fa67a648e0b

※配信停止の手続きはこちらから:
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lgle-49a1d12b74f892df908eed7f06585396

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際子ども図書館メールマガジン 第130号 2017年8月23日発行
編集:国立国会図書館国際子ども図書館企画協力課
〒110-0007 東京都台東区上野公園 12-49
電話 03(3827)2053(代表)
発行:国立国会図書館
〒100-8924 東京都千代田区永田町 1-10-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━