国際子ども図書館メールマガジン第137号(2017年12月27日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ---------------------------------------------------------------

               ★★★ 国際子ども図書館 メールマガジン★★★

                                     第137号(2017年12月27日発行)

                                                           ISSN 2185-1441

    ---------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年もあとわずか。皆様にとってはどのような一年だったでしょうか。国際

子ども図書館では、来年もイベントや展示会を開催していく予定です。よろし

くお願いいたします。


◆----------目次-----------◆

1.お知らせ

●2018年1月システムリニューアルのお知らせ


2.展示会・イベント情報

☆1 展示会「子どもを健やかに育てる本2017―厚生労働省社会保障審議会推

薦児童福祉文化財(出版物)」開催のお知らせ(2018年1月23日~2月10日)

☆2 【予告】講演会「子どもの本よ、世界へ届け!―ミュンヘン国際児童図

書館の目指すもの」(2018年2月25日開催)

☆3 展示会「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」開催のお知ら

せ(2018年3月6日~7月15日)

☆4 児童サービス研究交流会(2018年3月12日開催)

☆5 12月~1月の小展示(子どものへや、児童書研究資料室)


3.子どもと図書館の情報

●「子どもと本に関するニュース」から


4.レファレンス支援コーナー

●リサーチ・ナビの「調べ方案内」から


5.今月の絵本ギャラリーから


6.今月の「よんでみる?」から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2018年1月システムリニューアルのお知らせ

国立国会図書館蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)は、2017年12月27日19時

にサービスを終了し、2018年1月5日から新しい検索・申込サービスを提供しま

す。

詳細は以下のページをご覧ください。

○国立国会図書館ホームページ>平成30年1月システムリニューアルのお知ら

http://www.ndl.go.jp/jp/2018renewal/index.html


なお、NDL-OPAC停止期間中も当館の蔵書及び「児童書総合目録」は、国立国会

図書館サーチで検索できます。

http://iss.ndl.go.jp


○問い合せ先

国立国会図書館 国際子ども図書館 資料情報課

電話 03(3827)2053(代表)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.展示会・イベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いずれも参加費は無料です。申込みについては各イベント情報をご確認くださ

い。災害や講師の急病等の緊急時は、中止となることがあります。


○展示会・イベントに関する問い合せ先

国立国会図書館 国際子ども図書館

電話 03(3827)2053(代表)


----------------------------------------------------

☆1 展示会「子どもを健やかに育てる本2017―厚生労働省社会保障審議会推

薦児童福祉文化財(出版物)」開催のお知らせ(2018年1月23日~2月10日)


2018年1月23日(火)から、厚生労働省との共催で、展示会「子どもを健やか

に育てる本2017―厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)」

を開催します。

この展示会では、子どもたちの健やかな育ちに役立ててもらえるように、厚生

労働省社会保障審議会が2016年4月から2017年3月の期間に推薦した絵本や図書

32作品を、直接手にとってご覧いただくことができます。

皆さまのご来場をお待ちしております。


▽開催期間:2018年1月23日(火)~2月10日(土)

▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム


http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2017-04.html


----------------------------------------------------

☆2 【予告】講演会「子どもの本よ、世界へ届け!―ミュンヘン国際児童図

書館の目指すもの」開催のお知らせ(2018年2月25日開催) 


欧州の代表的な児童図書館であり国際的な児童書の研究センターとしても知ら

れるミュンヘン国際児童図書館の館長、クリスチアーネ・ラーベ博士を招へい

し、講演会を開催します。世界の児童書・児童文学の振興や文学における多様

性の保障を使命とするミュンヘン国際児童図書館の概要と、近年の取組をお話

しいただきます。入場無料ですので、ぜひお申し込みください。

※講演はドイツ語で行われます(日本語の逐次通訳があります)。


▽日時:2018年2月25日(日) 14時00分~16時30分(13時半受付開始)

▽講師:クリスチアーネ・ラーベ博士(ミュンヘン国際児童図書館長)

▽会場:国際子ども図書館 アーチ棟1階研修室1

▽対象:中学生以上

▽定員:130名(事前申込制・先着順)

▽参加費:無料

▽申込方法:電子メールでお申し込みください。詳細は、国際子ども図書館

ホームページのイベントページに掲載されます(1月中旬を予定)。ホーム

ページ更新まで少々お待ちください。 


----------------------------------------------------

☆3 展示会「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」開催のお知ら

せ(2018年3月6日~7月15日)


2018年3月6日(火)から、展示会「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の

世界」を開催します。

この展示会では、最も権威あるとされるオランダ国内の子どもの本の賞である

Gouden Griffel(金の石筆賞)とGouden Penseel(金の絵筆賞)を始めとする、

さまざまな賞の受賞作と受賞作家を通して、オランダの子どもの本の世界をご

紹介します。

前期(3月6日~5月15日)は石筆賞・絵筆賞の1999年までの受賞作を、後期(5

月17日~7月15日)は2000年以降の受賞作を主に展示します。

皆さまのご来場をお待ちしております。


▽開催期間:2018年3月6日(火)~7月15日(日)

▽会場:国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム


http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2018-01.html


----------------------------------------------------

☆4 児童サービス研究交流会(2018年3月12日開催)


児童サービス関係者が館種や地域を超えて会し、特定のテーマについて最新の

情報や動向を学び、事例紹介・意見交換・相互交流を行う場として、児童サー

ビス研究交流会を開催します。今年のテーマは「障害のある子どもたちへの図

書館サービス―障壁をとりはらうために」です。

当日は野口武悟専修大学文学部教授の基調講演のほか、国立国会図書館・国際

子ども図書館の提供するサービスの紹介や、公共図書館の実践報告、国際子ど

も図書館の館内見学などを行います。


▽日時:2018年3月12日(月) 10時00分~17時(9時半受付開始)

▽基調講演講師:野口武悟氏(専修大学文学部教授)

▽会場:国際子ども図書館 アーチ棟1階研修室1

▽対象:公共図書館・学校図書館等において児童サービスに携わる図書館員

(学校司書を含む)

▽定員:50名(事前申込制。)

※応募者多数の場合は、1機関からの参加者を限定する等の調整をさせていた

だく場合がございます。

▽参加費:無料

▽申込方法:電子メールでお申し込みください。詳細は国際子ども図書館ホー

ムページイベントページをご覧ください。


http://www.kodomo.go.jp/study/forum2/h29.html


----------------------------------------------------

☆5 12月~1月の小展示(子どものへや、資料室)


館内では、季節や時事に合わせ、さまざまなテーマで児童書の小展示を行って

います。

展示リストは、過去に展示したものも含めて、ホームページでご覧いただけま

す。


■子どものへやの小展示

▽「どんな服が着たい?―衣服の本―」(~12月27日)

▽「冬をすべろう ―スキー・スケート・そりの本―」(2018年1月5日~)


○子どものへや・世界を知るへやの小展示

http://www.kodomo.go.jp/use/room/childroom/month.html


■児童書研究資料室の小展示

▽「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」関連小展示(~2018年3月4

日)

レンガ棟3階の本のミュージアムで、11月1日~30日の間、展示会「日本の絵本

の歩み―絵巻から現代の絵本まで」を行いました。展示会は終了しましたが、

アーチ棟2階の児童書研究資料室では来年3月4日まで、日本の絵本の歩みに関

する資料と、展示した作品の作家に関する資料を展示しています。


▽「海外の児童文学賞受賞作品~タイ」(開催中)

海外の児童文学賞受賞作品等を紹介する小展示です。第2回は、日・タイ修好1

30周年によせて、タイの主要な児童文学賞等の受賞作品を展示しています。


▽「2016年 日本の児童文学賞受賞作品」(開催中)

2016年に日本の主要な児童文学賞を受賞した作品を展示しています。


▽「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書」(開催中)

公共図書館、学校図書館、文庫等で子どもへのサービスを担当している方、絵

本などの児童書やおはなし(ストーリーテリング)に興味・関心のある方向け

の、基本図書を集めました。


○資料室の小展示

http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.子どもと図書館の情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「子どもと本に関するニュース」から 


「子どもと本に関するニュース」は、国内外の児童書や図書館における児童

サービスに関する動向をお知らせする、国際子ども図書館ホームページ内のコ

ンテンツです。

http://www.kodomo.go.jp/info/index.html

( )内の日付は国際子ども図書館ホームページ掲載年月です。


○IFLA児童ヤングアダルト図書館分科会オンライン記事募集【2017-103】(20

17年12月13日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-103.html


○箕面市読書活動推進事業:箕面・世界子どもの本アカデミー賞【2017-104】

(2017年12月21日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-104.html


○「2017年度学校図書館調査」および「第63回学校読書調査」結果発表【2017

-105】(2017年12月25日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-105.html


○第27回けんぶち絵本の里大賞【2017-106】(2017年12月25日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-106.html


○第55回野間児童文芸賞【2017-107】(2017年12月25日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-107.html


○2017年のTeens’ Top Ten、発表【2017-108】(2017年12月25日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-108.html


○2017年全米図書賞児童文学部門の受賞作品決定【2017-109】(2017年12月25

日)

http://www.kodomo.go.jp/info/child/2017/2017-109.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4.レファレンス支援コーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リサーチ・ナビの「調べ方案内」から

リサーチ・ナビの「調べ方案内」では、キーワード検索やカテゴリ、資料の種

類から調べ方を紹介し、児童書についても調べものに役立つ資料や調べ方のノ

ウハウを提供しています。


▽プランゲ文庫の児童雑誌

プランゲ文庫に含まれる児童雑誌約500タイトルの調べ方をご紹介します。

○トップ>調べ方案内>児童書>絵本・児童書の探し方>主題から探す>プラ

ンゲ文庫の児童雑誌

http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-317.php


(最終更新日:2017年10月26日)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5.今月の「絵本ギャラリー」から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、国際子ども図書館で作成している電子展示会「絵本ギャラ

リー」の中から資料をピックアップして紹介します。

今回は、戦前期の代表的な絵雑誌『コドモノクニ』に掲載された作品をご覧い

ただけるコンテンツ、「『コドモノクニ』掲載作品検索」の中から紹介します。


『犬の橇』岡本帰一 10巻2号

来年は戌年です。この作品には雪の中、犬ぞりに乗る子どもたちが描かれてい

ます。自動車が普及して犬ぞりを見かけることは少なくなりましたが、私たち

の生活の中に相変わらず犬はいます。古来より一緒に生活してきた犬と人間、

その関係はこれからも変わっていくかもしれませんが、未来の子どもの本にも

犬は登場し続けることでしょう。


○絵本ギャラリー

http://www.kodomo.go.jp/gallery/index.html

絵本ギャラリー>「コドモノクニ 掲載作品検索」からキーワード「犬の橇」

で検索してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6.今月の「よんでみる?」から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キッズページ「しらべてみよう!」の「よんでみる?」では、小学生がさまざ

まな知識に出会える本を毎月紹介しています。

1月は『マツの絵本』です。バックナンバーもぜひご覧ください。


○キッズページ>しらべてみよう!>よんでみる?

http://www.kodomo.go.jp/kids/research/book/index.html



---------------------------------------------------------

※バックナンバーはこちらから:

http://www.kodomo.go.jp/about/mailmagazine/index.html


※引用、転載等は、著作権法の範囲内で行ってください。


※国際子ども図書館メールマガジンへのご意見・お問合せは

<kodomomailmaga@kodomo.go.jp>まで


※登録情報の変更はこちらから:

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lglc-b5709cfbfb69244ed67f2fa67a648e0b


※配信停止の手続きはこちらから:

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mer-lgle-49a1d12b74f892df908eed7f06585396


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際子ども図書館メールマガジン 第137号 2017年12月27日発行

編集:国立国会図書館国際子ども図書館企画協力課

〒110-0007 東京都台東区上野公園 12-49

電話 03(3827)2053(代表)

発行:国立国会図書館

〒100-8924 東京都千代田区永田町 1-10-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━