展示会・イベント

過去のイベント

国際子ども図書館主催のイベントのお知らせです

ロシア児童文学の思い出

この講演会は終了いたしました。下記にてテキストをご覧いただけます。

国立国会図書館国際子ども図書館では、現在行われている展示会「ロシア児童文学の世界−昔話から現代の作品まで」に関連した講演会をおこないます。

今回は芥川賞受賞作家の三木卓氏にロシア児童文学についての思い出を語っていただきます。取り上げていただく作品は、バイコフの『偉大なる王(ワン)』、トルストイの民話、『てぶくろ』、『しずかなおはなし』などの絵本、チュコフスキーの『2歳から5歳まで』、また翻訳をてがけられた、カターエフの『ななつのおねがい』、マルシャークの『荷物』など。そして、アヴァンギャルドや画家マーブリナについてもお話していただきます。

ロシア児童文学の思い出

日時 5月28日(土)14:00〜
講師 三木 卓(みき たく)氏
詩人、作家、童話作家、日本文芸家協会会員
昭和46年(1971年)「鶸」(『すばる』10号(1972年)所収)で、第69回芥川賞を受賞。
その他、童話集『七まいの葉』、『真夏の旗』、『元気のさかだち』の他多数の童話作品を刊行、アーノルド・ローベルの翻訳『ふたりはともだち』をはじめ、カターエフ、エレンブルグ、ローレルなどの童話翻訳もある。
場所 国際子ども図書館 3階ホール
・この講演会の聴講は申込が必要です。
・各お申込につき1名様のご応募でお願い致します。
・16歳以上の方が参加できます。
・整理券の返信は、5月中旬頃となります。ご了承下さい。
申込方法 定員に達しましたので、応募を締め切りました。ありがとうございました。
※尚、当日空席のある場合はキャンセル待ちを行います。但し、空席のない場合は聴講できませんのでご注意下さい。キャンセル待ちの整理券は13時より3階ホールでお渡しします。
問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館
TEL:03-3827-2053(休館日以外)

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロード>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)