展示会・イベント

世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展

国際子ども図書館主催の展示会のお知らせです。

※こちらの展示会は終了しました

世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展

国際子ども図書館では、国際児童図書評議会(IBBY)の日本支部である日本国際児童図書評議会(JBBY)との共催で、8月22日(土)から9月27日(日)まで、展示会「世界をつなぐ子どもの本—2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展」を開催します。

世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展

本のタイトル等はページ下部をご覧ください

昨年、社団法人日本国際児童図書評議会 (Japanese Board on Books for Young People。以下「JBBY」。)のご協力をいただいて、「2006年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展」(平成20年8月21日〜平成20年9月21日)を初めて行いましたが、世界各国から選ばれた多くの優れた本を実際に手に取って見ることができる展示会として、大変ご好評をいただきました。
今年も、子どもの本を通して国際理解を促進することを目的に、展示会を開催します。

[展示されている資料の一部]

世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展

国際アンデルセン賞は「小さなノーベル賞」とも呼ばれ、2年に一度、児童文学の分野で卓越した業績をあげた作家および画家に贈られます。2008年はユルク・シュービガー氏(スイス)が作家賞を、ロベルト・インノチェンティ氏(イタリア)が画家賞を受賞しました。

世界をつなぐ子どもの本 —2008年度国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展

IBBYオナーリストは、IBBYの各国支部が、外国に紹介したい作品として、自国で新しく出版された児童書の中から選んだ本のリストです。「文学」・「イラストレーション」・「翻訳」の3部門からなり、2008年は58の国と地域から169の作品が選ばれました。日本からは、高楼方子氏の『おともださにナリマ小』、荒井良二氏の『たいようオルガン』、千葉茂樹氏の『おりの中の秘密』が選ばれました。

今回の展示会では、展示資料を所蔵するJBBYの協力を得て、58の国・地域から選ばれた世界の新しい子どもの本を、直接手にとってご覧いただくことができます。

  • 1 La chèvre de Monsieur Seguin Alphonse Daude著 Anne Wilsdorf絵 Quiquandquoi 2005
  • 2 たいようオルガン 荒井良二著 偕成社 2008
  • 3 Mia Tiu ja sata sanaa Sari Airola著 Werner Soderstrom Osakeyhtio 2006
  • 4 世界がまだ若かったころ ユルク・シュービガー作 ほるぷ出版 2001
  • 5 IBBY Honour List 2008 IBBY 2008
ゆめいろのパレットIV −野間国際絵本原画コンクール入賞作品アジア・アフリカ・ラテンアメリカから 主催 国立国会図書館 国際子ども図書館、社団法人日本国際児童図書評議会
開催期間 平成21年8月22日(土)~9月27日(日)
会期中の休館日 月曜日、毎月第3水曜日(資料整理休館日)、国民の祝日・休日、年末年始
開催時間 午前9時30分〜午後5時
会場 国際子ども図書館3階 本のミュージアム [MAP]
入場無料

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロード>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)