展示会・イベント

日本発☆子どもの本、海を渡る

国際子ども図書館主催の展示会のお知らせです。

※こちらの展示会は終了しました

日本発☆子どもの本、海を渡る

国際子ども図書館では、開館10周年と2010年国民読書年を記念して、2月20日(土)から9月5日(日)まで、展示会「日本発☆子どもの本、海を渡る」を開催します。

日本発☆子どもの本、海を渡る

本のタイトル等はページ下部をご覧ください

日本では、たくさんのすばらしい外国の絵本や物語が出版されているので、子どもたちは日本語でそれらを読むことができます。では、逆はどうでしょう?実は、日本の子どもの本も、海を渡って外国の子どもたちに読まれているのです。

日本の子どもの本は、どんな国・地域で翻訳されているのでしょうか?それぞれの国や地域の習慣や文化に合わせて、絵や文にどのような変化が加えられているのでしょうか?日本語の原書と30以上の国・地域で出版された翻訳版など合わせて約300点を展示して、日本の児童書の国際的な広がりをご紹介します。

絵本や物語だけでなく、ノンフィクションや昔話、また昔話を題材にしたちりめん本なども展示します。おなじみの姿の、思いがけない雰囲気の、見慣れない文字の・・・いろいろな「日本発☆子どもの本」に、会いにいらしてください。

  • 1.『魔女の宅急便』(角野栄子 作 林明子 画) スウェーデン語版 Ordbilder 2006
  • 2.『ふしぎなたいこ』(石井桃子 文 清水崑 絵) アラビア語版 دار الشروق (c)Dar El Shorouk 2006
  • 3.『はじめてであうすうがくの絵本』(安野光雅 著) フランス語版 Père Castor Flammarion c1994
  • 4.『文福茶釜』 スペイン語版 T. Hasegawa [1914?]
日本発☆子どもの本、海を渡る 主催 国立国会図書館 国際子ども図書館
開催期間 2010年2月20日(土)~9月5日(日)
会期中の休館日 月曜日、毎月第3水曜日(資料整理休館日)、国民の祝日・休日(子どもの日を除く)
開催時間 午前9時30分~午後5時
会場 国際子ども図書館3階 本のミュージアム [MAP]
入場無料

日本発☆子どもの本、海を渡る展示会関連イベントのお知らせ日本発☆子どもの本、海を渡る

講演会「『ひろしまのピカ』が海を渡ったとき~日本の絵本の翻訳出版に携わって」

開催日時 2010年3月6日(土) 午後2時から ※終了
会場 国際子ども図書館 3階 ホール
講師 栗田明子氏((株)日本著作権輸出センター相談役)
申込方法 終了しました。

講演会「翻訳は三人四脚 『精霊の守り人』の作者と訳者、大いに語る」

開催日時 2010年4月24日(土) 午後2時から ※終了
会場 国際子ども図書館 3階 ホール
講師 上橋菜穂子氏(作家・川村学園女子大学教授)、平野キャシー氏(翻訳家)
申込方法 終了しました。

ギャラリートーク

開催日時 2010年2月27日(土) 午前11時から 午後2時から(各回約30分) 終了
2010年6月6日(日) 午後1時30分から 午後3時から(各回約30分) 終了
会場 国際子ども図書館 3階 本のミュージアム
内容 日本の子どもの本が、海を渡っていろいろな国・地域で翻訳出版されているのをご存知ですか?展示会の担当スタッフが、おなじみの姿の、思いがけない雰囲気の、見慣れない文字の・・・いろいろな「日本発☆子どもの本」の世界をご案内します。
申込方法 事前申込み不要です。当日は、直接3階「本のミュージアム」へお越し下さい。

本のミュージアム☆ショートツアー

開催日時 2010年7月28日、8月4日、11日、25日(水) 午後3時から
対象 主に小学生とその保護者(定員20名) ※事前申込みは不要です。当日は、時間までに本のミュージアム前(ラウンジ)にお集まりください。
参加費 無料

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロード>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)