『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち

国際子ども図書館では、2018年9月9日(日)から2019年1月20日(日)まで、展示会「『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち」を開催します。
「蜘蛛の糸」などの広く読まれている童話や、「かなりや」のように今も歌い継がれる童謡を数多く世に送り出した児童向け雑誌『赤い鳥』が1918(大正7)年に創刊されて、今年で100年を迎えました。

この展示会では、『赤い鳥』の主宰者として、芸術的観点から児童文学の質の向上を目指した鈴木三重吉、童謡の発展に寄与した北原白秋など、『赤い鳥』で活躍した作家や詩人の作品を通して、『赤い鳥』が日本の児童文学史において果たした役割をご紹介します。

『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち
開催日 前期:2018年9月9日(日)~11月11日(日)
後期:2018年11月13日(火)~2019年1月20日(日)
会期中の休館日 月曜日、国民の祝日・休日、年末年始及び毎月第3水曜日(資料整理休館日)
開催時間 午前9時30分~午後5時
会場 国際子ども図書館レンガ棟3階 本のミュージアム [ACCESS]
入場無料