トップページ
川上四郎
かわかみ・しろう
1889 - 1983

1889(明治22)年 新潟県上組村に生まれる。
1908(明治41)年 東京美術学校西洋画科に入学。三年次担任の藤島武二に、特に指導を受ける。
1913(明治46)年 東京美術学校卒業。研究科へ進学するが中断、図画担当教師として、静岡県榛原中学校に赴任。実科女学校教諭も兼任。
1915(大正 4)年 退職。コドモ社に入社し、『コドモ』『良友』の挿絵執筆を始める。
1916(大正 5)年 この年から4年間、獨協中学非常勤講師。
1920(大正 9)〜
1926(昭和元)年
千葉省三編集の『童話』の表紙、口絵、挿絵のほとんどを担当。また、投稿図画の選評もする。以後、『子供之友』『コドモノクニ』『少年倶楽部』『少女倶楽部』『金の船』『日本童話選集』『未明童話集第二巻』『トテ馬車』(千葉省三作 古今しょいん 1929)、講談社の絵本『童謡画集』(1937)などに挿絵多数。
1927(昭和 2)年 日本童画家協会設立に参加。
1933(昭和 8)年 この頃から、念仏信仰に惹かれ、同郷の良寛に傾倒し、『良寛さま』(小学館 1955)、小宮山量平作『良寛さ』(理論社 1975) を著す。
 川上四郎の『コドモノクニ』登場は比較的遅く、1927年10月の「虫の旅行」である。
 『コドモノクニ』独特の方針であった、テーマによらず、童謡や童話の挿絵でない、独立した絵としての絵は、子どもたちに説明なしに見てもらうこと、楽しんでもらうことを目的としていた。「虫の旅行」には、波間に赤く引かれた線上を走る汽車と、覆い被さるような葉模様がうねる草が、小さな虫の世界の物語をかたる。この不思議な世界は、マックマードの壁紙やタペストリーの世界に通じる、自由自在な模様のリズムがある。空間は前景と後景が自由に移り変わり、中心は何処にも置かれない。景色は大きく、人間の眼に入りきらない。
 『コドモノクニ』で川上四郎の描いた画面構成は、人間の存在感と深く関わるように思われる。人間の置かれた空間は左右均等でなく、坂道の向こう側は見えず、田圃の畦道も不定型に重なる。水平線も床板も一定せず、しかし、その中で生活する動物も人間も、その不均衡を含む広大な宇宙のなかを、家族や友達とともにいきていくのだ、ということであろうか。
 アールヌーボーの背景にあった、人間と神秘主義の関わりと通ずるものを、川上四郎の画面構成に読み取る興味は計り知れない。


参考文献
『児童文学事典』 東京書籍 1988年
『詩歌人名事典』 紀伊國屋書店 1993年
『日本児童文学大事典』I  大阪府立国際児童文学館編 大日本図書 1993年
『日本童謡史 I』 藤田圭雄著 あかね書房 1971年
 

もどる