トップページ
古賀春江
こが・はるえ
1895 - 1933

1895(明治28)年 福岡県久留米市の寺に生まれる。
1912(明治45)年 画家を志し、上京して太平洋画会研究所に入る。
1913(大正 2)年 日本水彩画研究所に入所、石井柏亭に師事、その間、太平洋画会展と水彩画展に入選する。
1915(大正 4)年 一旦帰省して僧籍に入る。そのころのスケッチブックや絵はがきは、竹久夢二の影響がみられる。
1919(大正 8)年 夢二が開いた「女と子どもによする展覧会」を見て感激する。
1920(大正 9)年 このころよりセザンヌやルネサンスの壁画を模写して宗教的な色彩を学ぶ。
1922(大正11)年 「埋葬」で二科賞を受賞。このころよりピカソやローランサンが描く抽象表現がみられる。10月、神原泰、中川紀元ら十数名と、前衛美術団体「アクション」を結成、キュビズム的手法で、アクション展に二回出品。解散後は、パウロ・クレーの影響を受けた作品を描く。
1927(昭和 2)年 この年から1930年にかけて、ポスターや装幀の仕事を引き受け、商業美術に関心を寄せる。都市化や機械化を見据えて、科学雑誌に目を通し、フェルナン・レジェの機械をモチーフにした模写も試みる。
1931(昭和 6)年 『コドモノクニ』12月号から翌年6月号にかけて掲載。
1933(昭和 8)年 38歳で病没。
 初期の作品には、竹久夢二の絵と詩への共感が見られ、「文字のかわりに絵で詩をかいた」夢二が投影される。
 後年の古賀の作品には、パウロ・クレーの影響を受けた、シュールレアリスムの雰囲気をもつものが多いが、近年、実際にクレーの作品と比較する研究が進み、具体的な例証が明らかになっている。
 1931年12月号から翌年6月号にかけて『コドモノクニ』に載ったメルヘン風の絵は、見開きいっぱいにのびのびと描き、どの場面にも必ず子どもを登場させる。直線で分割した画面に異次元の世界を表出する装飾的な構成は、ファンタジックで楽しい。基調色の深いグリーンが子どもの世界に安らぎを与えている。
 晩年の2年間を親しく交わった川端康成がいうように、古賀の絵が新しさを求めているのに古さを感じるのは、「東方の古風な詩情の病ひのせゐ」であり、「をさなごころに通ふ」、「オリエンタルな色彩」(「末期の眼」)のためかもしれない。そういえばクレーも東洋の色彩に心ひかれていた。


参考文献
『パウロ・クレーの芸術』展カタログ 「クレーと日本:受容の端緒」 寺門林太郎著 
  愛知県美術館・山口県立美術館 1993年
『バウハウス 1919−1933』展カタログ 「バウハウスの絵画」 ペーター・ハーン
  セゾン美術館 1995年
『大正期新興美術運動の研究』 五十殿利治著 スカイドア社 1995年
『古賀春江 創作の原点』展カタログ 石橋財団ブリジストン美術館・石橋美術館 2001年
『古賀春江 芸術と病理』 中野嘉一著 金剛出版 1977年
『末期の眼』 川端康成作 初出「文芸」 昭和8年
 

もどる