トップページ
野口雨情
のぐち・うじょう
1882 - 1945

1882(明治15)年 茨城県多賀郡北中郷村磯原の旧家に生れる。本名、英吉。
1901(明治34)年 東京専門学校(早稲田大学の前身)高等予科文学科に入学、坪内逍遥に師事。小川未明らと知合う。一年後に退学。内村鑑三、幸徳秋水らのキリスト教、社会主義の影響を受ける。
1902(明治35)年 「流々吟」を『小芝舟』に発表。また、お伽噺や短篇童話も書く。
1904(明治37)年 村長であった父の死によって郷里に帰り、戸主となる。以後、樺太や北海道など各地を転々とし、新聞記者生活などを経験する。
1905(明治38)年 第一詩集『枯草』刊行。新体詩、口語詩など計18編収録。
1907(明治40)年 月刊パンフレット民謡集『朝花夜花』刊行。
1918(大正 7)年 雑誌『こども雑誌』『金の船』(のちに『金の星』)に童謡を発表しはじめる。北原白秋、西条八十らともに近代童謡の基礎を固めたといわれる。
1919『大正8)年 「枯すすき」を書き、中山晋平に曲を依頼する。(これは1921年「船頭小唄」として中山晋平の曲で発表、一世を風靡する。)
1920(大正 9)年 『金の船』の童謡欄の選者となる。「蜀黍畑」「七つの子」「青い目の人形」「赤い靴」「証城寺の狸囃子」などを発表。いずれも曲がつけられて、広く愛唱された。
1922(大正11)年 『コドモノクニ』には、創刊から第13巻の13号まで寄稿をつづけた。
 野口雨情は創刊から長年にわたって『コドモノクニ』に童謡を寄稿し、同誌を支えた童謡詩人のひとりとなる。「あの町この町」「木の葉のお船」「兎のダンス」「雨降りお月さん」など、多くの作品に中山晋平の曲がつけられたが、なかでもこれらの童謡は人気を博し、童謡史に残るものである。
 岡本帰一の絵を得て、雨情の童謡の土の香りの強い哀感を湛えた調子は、甘い郷愁を誘うモダンな味つけをされた。『コドモノクニ』の紙面で見るのと、曲だけ聞くのでは、雰囲気が多少異なるといえるかもしれない。
 「あの町この町」は、絵を見ると、お正月の雑踏を背景に、パリ・モードのような赤いコートを着た女の子が家路をたどる姿が目をとらえる。ところが、詞には「帰りやんせ」ということばが繰返され、民謡の調子が生かされている。中山晋平の曲にも民謡の味わいがある。この童謡が『コドモノクニ』を離れて、人々に愛唱されるようになったのは、詞とメロディーの相乗効果によるのであろう。
 『コドモノクニ』において、「雨降りお月さん」など、雨情独自の才能が感じられるいくつかの童謡の他は、数は多いものの、イメージもことばも豊かとはいえない。
 藤田圭雄は、「野口雨情は素朴な詩人だ。他の誰もが持っていないような、純日本的な詩情が作品を貫いている。それだけに、豊かな詩情があふれた時の作品は素晴らしい逸品だが」としつつ、「詩情に衰えが来ると、みじめな状態になる」と評している。30年代後半には詩人として名を成し、童謡に思いも時間もかけられなかったというのが実際であったろう。


参考文献
『野口雨情 ─詩と人と時代─』 野口存弥 未来社 1986年
『日本童謡史 I』 藤田 圭雄著 あかね書房 1971年
『日本童謡史 』 藤田 圭雄著 あかね書房 1984年
『日本児童文学大系 17 ─三木露風・野口雨情・サトウ・ハチロ─』 瀬田貞二他編 ほるぷ出版 1978年
『児童文学史』 斎藤佐次郎 金の星社 1996年
雑誌『金の船』『金の星』復刻版 別冊解説 斎藤佐次郎監修 ほるぷ出版 1983年
 

もどる