トップページ
岡本帰一
おかもと・きいち
1888 - 1930

1888(明治21)年 淡路島に生まれる。父は新聞社勤務。
1889(明治22)年 父の転勤のため、北海道に転居。
1892(明治25)年 父が都新聞(後に東京新聞)の副社長に就任したため、東京に転居。
1906(明治39)年 第一中学校卒業後、画家を志し黒田清輝主宰の白馬会葵橋洋画研究所に入学。
1911(明治44)年 同研究所の幹事になる。
1912(大正 1年) 岸田劉生、萬鉄五郎らとともに、フュウザン会の結成に加わる。黒田清輝の怒りを買い白馬会葵橋洋画研究所を破門となる。
1914(大正 3)年 結婚して独立。新居の裏に住んでいた文学者・演劇研究家の楠山正雄の紹介で、島村抱月の芸術座の仕事に関わる。
1915(大正 4)年 同じく楠山の依頼で、冨山房の「模範家庭文庫」の装丁、挿絵にあたる。このとき、エドモンド・デュラック、アーサー・ラッカムなど西欧のイラストレーションを知り、影響を受ける。
1919(大正 8)年 童話童謡雑誌『金の船』(後に『金の星』)を創刊するにあたって、斎藤佐次郎は表紙、挿絵を岡本に依頼する。野口雨情と知合う。
1920(大正 9)年 『金の船』主催のお伽大会に、メーテルリンクの「青い鳥」を有楽座において上演。舞台美術、衣装、照明を担当し、高い評価を得るとともに広く影響を与える。
1922(大正11)年 『コドモノクニ』第2号から絵画主任となる。
1923(大正12)年 関東大震災で被災。雑誌『少女倶楽部』に描くようになる。
1924(大正13)年 『金の星』を退き、震災後に大阪で創刊された『コドモアサヒ』に描くようになる。東山新吉(魁夷)、松山文雄、岩岡とも枝と知合う。
1927(昭和 2)年 武井武雄、初山滋、清水良雄、川上四郎、深沢省三、村山知義らと日本童画家協会を結成。
1930(昭和 5)年 多くの仕事を依頼され多忙を極める。12月腸チフスにより急逝。享年42歳。
 岡本帰一が『コドモノクニ』で活躍したおよそ九年間は、『コドモノクニ』にとっても評価が定まった、重要な期間であった。巻末に掲載された「お母様方へ」には、「尚ほ、この『コドモノクニ』は、他にありふれた多くの絵雑誌と区別したい為に、絵を少しでも大きく、また絵の趣味を有益ならしむるために、大判のものにいたしました。…絵の色彩も俗悪な強烈なものを避けて、穏やかなおちついた、何となく軟らかな感じのする色を選びました。」とあるように、ことのほか絵の質には配慮している。『コドモノクニ』を代表する画家のなかでも、一般に人気があったのは岡本であった。
 岡本の絵の特徴は、まずわかりやすさであろう。白馬会葵橋洋画研究所でも、抜群のデッサン力で重んじられていたという具体性のある描写は、当時の最新の生活様式を表現したモダンな趣味に支えられて、子どもだけでなく保護者もふくめた読者の、新しさを求めながらも伝統的なものも捨てられない心を捉えた。日常の生活のなかで生き生きと動く子どもの姿が、もリアルさを失わずに、しかもより美しく表現されているのであるから、見る者は親しみを感じつつ、憧れを満たしたのである。このような絵を見る体験は、快いものであったにちがいない。人気が高かったこともうなずける。
 岡本は、優しい線で対象を的確に描いていくが、その好奇心は鋭く広範囲にわたっている。パリからの最新モードから、新しく始まったラジオ放送、西洋の花のなかで踊っている妖精、汗を流して働く労働者が、それぞれの題材にふさわしい描き方で絵のなかに生かされている。そこには、もっともふさわしい画面構図がある。西欧の絵画、日本の絵画から多くを学んでいることもさりながら、当時の最新の西欧のモダニズム美術の運動の成果を消化して、自分の表現技術として用いている。
 デッサン力と画面構成力が結晶したのが、岡本のシルエット画であろう。岡本が影響を受けたというアーサー・ラッカムよりもはるかに滑らかに優美な動きのあるモノクロームの絵になっている。
 『コドモノクニ』が、絵で語る雑誌として高い評価を受けているのは、武井武雄、清水良雄らとともに、岡本帰一の存在を忘れることはできない。夭折が惜しまれる。


参考文献
『絵本とは何か』 松居 直著 日本エディタースクール出版部
『聞き書き・日本児童出版美術史』 上笙一郎 太平出版社
『思い出の名作絵本 岡本帰一』 竹迫祐子構成 河出書房新社 2001年
『日本児童文学大事典』・〜・巻 大阪府立国際児童文学館編 大日本図書 1993年
『子どもの本評論集 絵本論』 瀬田貞二著 福音館書店 1988年
雑誌『金の船』『金の星』復刻版 別冊解説 斎藤佐次郎監修 ほるぷ出版 1983年
 

もどる