トップページ
西条八十
さいじょう・やそ
1892 - 1970

1892(明治25)年 東京市牛込区に戸籍上九人兄弟の七番目として生まれた。生家は江戸時代からの質屋であったが、父・重兵衛の代で石鹸製造業にかわり、外国産の輸入石鹸の販売も行なった。外国産石鹸のレッテルにエキゾティックなものへの憧れを抱いたという。私立早稲田中学校の時に、英国婦人に英語を習い、後に訳詩集『白孔雀』(1920)を出す。
1909(明治42)年 早稲田大学英文科予科入学。講義に失望して退学、フランス語を学ぶなどする。
1911(明治44)年 再入学。
1914(大正 3)年 三木露風、川路柳虹、山田耕筰らの「未来」に加入。
1915(大正 4)年 早稲田大学を卒業。堀口大学や日夏耿之介らと『詩人』を創刊。
1918(大正 7)年 『赤い鳥』創刊とともに、鈴木三重吉の依頼で童謡創作をはじめる。この年の11月号に発表した「かなりや」は、成田為三の曲を得て、『赤い鳥』を代表する名曲となっただけでなく、大正時代の童謡を象徴するものとして、現在でも歌われている。
1921(大正10)年 早大英文科の講師となる。
1922(大正11)年 創刊第2号に掲載された「ぼくの帽子」以後、『コドモノクニ』には多くの童謡、少年詩を寄稿している。同年、雑誌『童話』の童謡欄を引受け、島田忠夫、金子みすゞらの活発な投稿があった。八十の童謡は、本居長世作曲による「お月さん」などがある。その他、イギリスのわらべ唄やデ・ラ・メア、スティーボンス、ファージョンなどの詩を翻訳紹介。「東京音頭」(中山晋平曲)など歌謡曲が広く知られるようになる。
1924(大正13)年 この年から2年間ソルボンヌ大学で学ぶ。帰国後、早大仏文科助教授となり、1931年に教授となる。長年の研究の成果は、大著『アルチュール・ランボオ論』(1967)として完成した。
 西条八十は、北原白秋、野口雨情と並び称される童謡詩人としても知られている。日本のわらべうたを基調にした白秋、素朴な民謡の調子を生かした雨情に対して、八十の童謡が際立っているのは、これまでにない豊かなファンタジーであった。
 子どものための詩を作るにあたって、八十は「…ぼくは考えた。芸術品である以上、そこには作者の真の感動がこもっていなければならない。そうしてその詩の姿は子供にもわかり悦ばれるものでなければならない。ぼくは二重に裏うちされた絵を考えた。フランスの象徴詩の手法を想った」と、『赤い鳥』に書くことを鈴木三重吉から依頼された当時を回想している。
 『コドモノクニ』の第1作となった「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね?/ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、/谷底へ落としたあの麦稈帽子ですよ。」で始まる「ぼくの帽子」は、不思議な感慨を誘う、自由韻律の当時としてはまったく新しい詩であった。詩としては、今日でも古さを感じさせることがないが、やはり藤田圭雄がいうように、小学校入学前後の幼い子どもを対象にした絵雑誌『コドモノクニ』の作品としては「如何にも場ちがい」である。とはいえ、対象の子どもの年齢よりも、絵も詩も作者の表現への意欲を生かす姿勢が『コドモノクニ』の特性であったともいえる。そのために『コドモノクニ』の存在意義を高める作品も生れたのであろう。
 その第 2作が「かなりや」であった。確かに八十の詩は、イメージが鮮烈で、表現にも従来のこどものための詩や童謡にない象徴性がある。しかし、こどもにとって親しみやすいかというと、問題が残るであろう。
 西条八十のよく知られた作品には「鞠と殿さま」(中山晋平曲)「おみやげ三つ」(中山晋平曲)などがある。パリ留学から帰国してからは、「フランスの子供あそび」を紹介したり、「ハガキとネコ」のようなお話を書いたりもしている。


参考文献
『日本児童文学大系 8 ー西条八十ー』 瀬田貞二他編 ほるぷ出版 1978年
『日本児童文学大事典』1〜・巻 大阪府立国際児童文学館編 大日本図書 1993年
『日本童謡史 I』 藤田圭雄著 あかね書房 1971年
『日本童謡史 ・』 藤田圭雄著 あかね書房 1984年
『児童芸術講座 2 童謡篇』(復刻版) 上笙一郎編 久山社 1990年
『西条八十論』 前川知賢著 弥生書房 1985年
 

もどる