画・初山滋  作・横瀬夜雨
『くりやき』
「コドモノクニ」1928年1月号
 
くりやき

横瀬夜雨(よこせやう)

ほだ が まつかに
もえて ゐた。
母(かあ)さん きものを
ぬつて ゐた。

ゐろり の 灰(はい)に
くり 三(みつ)つ うめた
早(はや)く やけろと
にらめ てた。

いつの まにやら
ねむく なつた
知(し)らずに ね床(どこ)に
はこばれた。

あした 起(お)きると
灰(はい) かき立(た)てた
くろい だんごに
なつて ゐた。

初山滋(はつやま しげる) 畫(え)
[37/94]

作家について