画・初山滋  作・北原白秋
『ドロップ』
「コドモノクニ」1929年8月号
 
ドロツプ

北原白秋

赤(あか)だ、みどりだ、
黄(き)だ、青(あお)だ

誰(だれ)か 投(な)げてる ドロツプを、
夕日(ゆうひ) の 光(ひか)る いい空氣(くうき)。

瀬戸(せと)の内海(ないかい)、
夏(なつ)の海(うみ)、
舩(ふね)は じんじん 進(すす)んでく
お腹(なか)が すいたあ お母(かあ)さん。

港(みなと)、さんばし、もう 見(み)えぬ、
テープも 風(かぜ)に 吹(ふ)かれてる、
また 来年(らいねん)だ お母(かあ)さん。

赤(あか)だ、みどりだ、
黄(き)だ、赤(あか)だ

誰(だれ)か 投(な)げてる ドロツプを、
波(なみ) 波(なみ) 光(ひか)れ ぢき暮(く)れる。

皆(みな)さん、 これは 避暑(ひしょ)に
行(い)った帰(かえ)りの 汽船(きせん)の
上(うえ)のこと だと思(おも)つて下さい。
[39/94]

作家について