| Japanese | English |

ユーゲントシュティルサムネイル

国際子ども図書館の館内展示とほぼ同等のコンテンツを公開しています。動作環境を確認のうえ、左のサムネールをクリックしてプログラムをスタートさせてください。

・動作環境 Shockwave Player(最新版を推奨)のインストール、1Mbps ADSL 相当以上の高速インターネット回線、1024*768 ドット以上のモニタ

ショックウェーブバナー



この展示について

 「ユーゲントシュティルと絵本作家たち」は、19世紀半ばから人間社会におこった様々な変化のなかで、各地の絵本作家たちはどのような表現を試みたかを記録しようとしたものです。その変化は技術、科学、宗教、倫理などから経済や社会構造にかけての全般的な領域におよぶものでしたが、精神の伝承という人間特有の行為の形である「ものがたり」に、言葉を越えて視覚表現してきたイラストレータたちの共通なテーマや表現様式は、人間の精神と芸術についての考察に値する材料であると考えられます。

 時代背景については、ぜひ「解説」部分を開けていただきたいと思います。著作権の関係や絵本の保存状態が条件を満たさない場合も多々ありました。8カ国の11冊の絵本をお見せしますが、これらの作品は、19世紀末から20世紀初頭にかけて当時の一流絵本作家による、各地で子どもたちに人気のあった絵本です。これは、変化の要因が大きく時代が揺れていても、画家たちは自分の作品にむかって、誇りをもって制作していた絵本最初の黄金時代だったといえるでしょう。

声の出演
朝田由香里(朗読) ビル・ベンフィールド(英語朗読)
ヘルツォーク英理香(ドイツ語歌) マリア・サワノ(スウェーデン語歌)

朗読原稿
上田真而子(独語より) 松谷さやか(ロシア語より)
関沢明子(チェコ語より) 阿部公子(英語より) 島 多代(英語より)
石井登志子(スウェーデン語より) 末松氷海子(仏語より)

作家解説
上田真而子 松谷さやか 関沢明子 森本真実 島 多代

解説/島 多代
調査/叶紀美子
資料提供/大野鞠子 小野悦子 ジェイムス・フレイザー
英語版翻訳/リン・リグス 井元智香子 小林智香子
絵本撮影/堀切保郎

アートディレクション・題字/平野甲賀
音楽/新澤健一郎
オーサリング/下木原靖彦
デザイン/田中直子 冨田幸裕
録音エンジニア/花島功武
構成・編集・プロデュース/北村礼明

構成・監修:島 多代
製作:国際子ども図書館

掲載画像の無断転載を禁じます。





絵本ギャラリー
掲載作品
top
国際子ども図書館


国立国会図書館 国際子ども図書館
世界絵本ギャラリー第3展示室 2005年公開