子どもと本の情報・調査

大阪府立中央図書館国際児童文学館が街頭紙芝居のサイトを公開

【2015-011】

大阪府立中央図書館国際児童文学館は、平成26年5月に、同館所蔵の街頭紙芝居を紹介するウェブサイト「街頭紙芝居―大阪府立中央図書館国際児童文学館所蔵街頭紙芝居」を公開した。
同館は、故・塩崎源一郎氏(1912-2000)が設立した紙芝居師団体「三邑会」(紙芝居総合センター)が制作した紙芝居の寄贈を受け、「少年ローン・レンジャー」や「鞍馬小天狗」など、160タイトル約4,000巻を所蔵している。 このデータベースでは、それらのうち絵の面を全てサムネイル画像で公開しており、タイトル一覧及び著者一覧から検索することが可能である。

これを記念して、一般財団法人大阪国際児童文学振興財団との共催により、1月25日(日曜日) に、塩崎おとぎ紙芝居博物館から講師を迎え、街頭紙芝居の実演と講演会を行う。

Ref:

(2015.02.04 update)