子どもと本の情報・調査

第5回「どくしょ甲子園」の入賞作及び学校賞決定

【2015-017】

朝日新聞社と全国学校図書館協議会が主催する第5回「どくしょ甲子園」の入賞作及び学校賞が決定した。「どくしょ甲子園」は、4人前後のグループで一冊の本について語り合い、その成果を一枚の「どくしょボード」に表現するコンクールで、高校生を対象としている。秋田喜代美氏(教育者)、佐藤江梨子氏(女優)、平田オリザ氏(劇作家・演出家)、道尾秀介氏(作家)、森絵都氏(作家)が選考委員を務め、集まった応募作品396点の中から、最優秀賞1点、優秀賞2点、奨励賞3点がそれぞれ選ばれた。各賞を受賞したグループと作品は以下のとおりである。

〇最優秀賞

明治大学付属明治高校・古和田チーム:伊藤計劃『ハーモニー』

〇優秀賞

東京成徳大学高校・松岡チーム:M・エンデ 『モモ』

滝川第二高校・山本チーム:O・ヘンリー 『賢者の贈り物』

〇奨励賞

東京都立工芸高校・汲田チーム:いしいしんじ 『トリツカレ男』

湘南白百合学園高校・折橋チーム:芥川龍之介 『蜜柑』

石川県立金沢錦丘高校・南野チーム:本谷有希子 『嵐のピクニック』

また、応募点数や作品の出来栄え、取り上げた本の多様さなどを基に、主催者によって選考された学校賞は、相模女子大高等部と大阪市立工芸高校の2校が受賞した。

表彰式は2015年1月31日に、浜離宮朝日小ホール(東京都中央区)にて開催された。

Ref:

(2015.02.24 update)