子どもと本の情報・調査

神奈川県立田奈高校の「図書室カフェ」

【2015-029】

横浜市青葉区の県立田奈高校で、週に1回、学校図書室に無料で飲食ができるカフェを開店する試みが行われている。

「ぴっかりカフェ」と名付けられたこのカフェでは、生徒は本を読むだけでなく教師や友人との会話を楽しみながら自由に過ごすことができ、この取組を報じた神奈川新聞の記事では「先生たちとのたわいない会話やふれ合いが楽しい。」という生徒の声が紹介されている。

同校は神奈川県により3校設けられた「クリエイティブスクール」の一つであり、基礎、基本の学力の定着、キャリア教育の推進及び地域との協働をコンセプトに、地域の組織や人の力を積極的に活用しながら、生徒支援に重点を置く教育活動を行っている。経済面や生活面で困難を抱える家庭で暮らす生徒も少なくない中、この取組によって図書館を居場所にし、文化的なものに触れる機会に恵まれてこなかった生徒にも「文化的なシャワーを浴びせることができ、困難も可視化させられる」と同校校長はその期待を語っている。

運営に当たるのは若者の支援を志す民間団体で、クラウドファンディング(インターネット等を通じて多数の人から比較的少額の出資を募ってプロジェクトを行う手法)で資金を集め、昨年12月からカフェをスタートさせた。今後は外部講師を招いての座談会や調理体験などの企画も予定されている。

Ref:

(2015.04.07 update)