子どもと本の情報・調査

武雄市の特別養護老人ホーム内に、絵本図書館開館

【2015-055】

4月1日、佐賀県武雄市山内町の特別養護老人ホーム「そよかぜの杜」敷地内に、「こども絵本図書館うらら(詩楽)の森」が開館した。

誰でも無料で利用できる県内初の民間の絵本図書館であり、「絵本の力を生きる力に」という理念の下、多世代の人に役立つよう、地域の子育て支援および高齢者支援の拠点として運営されている。地域の児童がお年寄りに「読み語り」をすることで認知症予防に役立てたり、また逆にお年寄りが児童に「読み語り」をしたり、司書が1人暮らしの高齢者宅を絵本とともに訪問する支援等も行うという。蔵書は絵本が約2.200冊、児童書が約1.000冊、家事や健康づくり、子育てなどの実用書が約800冊で、随時増やしていく。

Ref:

(2015.06.15 update)