子どもと本の情報・調査

佐賀県立図書館で新刊児童書をすべて購入

【2015-101】

佐賀県立図書館が、2015年4月以降に刊行された児童書全てを購入すると発表した。

佐賀県は、「子育てし大県“さが”プロジェクト」の一環として、身近なまなびの場と連携しながら子どもたちが本に親しむ環境づくりを推進するため、新刊の児童書を購入して本を増やすほか、選書に携わる司書の増員、所蔵している本に関する情報として、オンライン百科事典でのリストアップ等、サービスの充実を図る。また、市町立図書館との相互貸借や幼稚園、保育園などへのセット貸出しにも力を入れ、県内のどこでも希望する本を手に取れるような県を目指す。記者会見において、知事は、「読み聞かせには、語り手の「心」や「感情」を伝える力があります。子どもたちに、皆さん一人一人のすばらしい「思い」を、書物を通じて伝えていきましょう。」と述べた。

Ref:

(2015.12.20 update)