子どもと本の情報・調査

第19回学校図書館出版賞、第47回学校図書館賞

【2017-053】

2017年5月22日、全国学校図書館協議会(全国SLA)が、第19回学校図書館出版賞および第47回学校図書館賞の決定を発表した。受賞者は以下のとおり(シリーズものの書誌事項は第1巻のものを記載)。

◆学校図書館出版大賞
該当なし

◆学校図書館出版賞
・株式会社岩崎書店
『賢治童話ビジュアル事典』
(中地文 監修、2016年、ISBN:978-4-265-05968-3、当館請求記号:Y8-N16-L662)

・株式会社大月書店
『根っこのえほん』(全5巻)
(中野明正 編著、小泉光久 文、堀江篤史 絵、2016年、ISBN:978-4-272-40951-8、当館請求記号:Y11-N16-L388)

・株式会社河出書房新社
『はじめての浮世絵 : 世界にほこる日本の伝統文化』(全3巻)
(深光富士男 著、2017年、ISBN:978-4-309-62121-0、当館請求記号:Y6-N17-L51)

・株式会社帝国書院
『わかる!取り組む!災害と防災』(全5巻)
(帝国書院編集部 編、2017年、ISBN:978-4-8071-6327-4)

学校図書館出版賞は、学校図書館向けの優れた出版企画を顕彰し、学校図書館向け図書の出版を充実させることを目的として、1999年に創設された。全国学校図書館協議会選定図書のうち、前年の5月1日から1年間に出版された図書が対象となっている。

◆学校図書館賞
実践の部(運動の部および論文の部は、該当なし)
鳥取大学附属特別支援学校

学校図書館賞は、学校図書館のいっそうの発展を図るため、全国学校図書館協議会創立20周年の記念行事として1970年に創設された。学校図書館の振興に著しい業績を示した個人および団体を顕彰し、運動の部(学校図書館運動の推進)、論文の部(学校図書館に関する著作・論文)、実践の部(学校図書館の実践活動)の3部に分けて授賞される。

Ref:

(2017.06.25 update)