子どもと本の情報・調査

2018年フェニックス賞及びフェニックス絵本賞の受賞作品決定

【2017-070】

米国児童文学協会(Children’s Literature Association: ChLA)は、2018年フェニックス賞(Phoenix Award)の受賞作品が、Elizabeth Partridge の “Restless Spirit: The Life and Work of Dorothea Lange”、フェニックス絵本賞(Phoenix Picture Book Award)の受賞作品が、Robert D. San Souci 文、Brian Pinkney 絵の “Cendrillon: A Caribbean Cinderella” に決定したと発表した。

“Restless Spirit: The Life and Work of Dorothea Lange” は、20世紀半ばのアメリカで混迷する家族の姿を社会に示した写真家ドロシア・ラングの伝記である。ラングと交流のあった著者は、彼女の気持ちに寄り添いつつも理想化することなく、複雑な人物像を伝える。写真家になろうと決めた経緯、母親と芸術家というふたつの立場の間での葛藤、その気性の激しさや、彼女が関わった社会的な活動を、綿密な調査にもとづいて描き、ラングが撮った小作人や移民、強制収容所の日系アメリカ人の写真についての理解を深める作品である。

“Cendrillon: A Caribbean Cinderella”は、ゴッドマザーの視点で描いたサンドリヨン(シンデレラ)の物語である。温かな色づかいが、愛にあふれたゴッドマザーの口調と相まって、フランス語やクレオール語の言葉とともに、カリブ特有の雰囲気をいきいきと伝える。ドレスではなく普段着で愛する人と結ばれるというフェミニスト的な選択が、複数の技法を組み合わせたイラストレーションの太い線と重厚な質感で捉えられ、枠をいろどる草や花も印象的な作品となっている。

Ref:

所蔵リスト

Elizabeth Partridge著作一覧:国立国会図書館サーチで当館所蔵資料を検索

Robert D. San Souci著作一覧:国立国会図書館サーチで当館所蔵資料を検索

Brian Pinkney著作一覧:国立国会図書館サーチで当館所蔵資料を検索

(2017.08.20 update)