• トップ
  •  > 第2章 チャップブックとフェアリーテール

第2章 チャップブックとフェアリーテール

はるか昔を舞台に、現実世界では起こりえない出来事を描くフェアリーテール(妖精物語)は、イギリスでは子どもたちにとって宗教的観点からふさわしくないものとされてきました。しかし、18世紀後半にはチャップブック(行商人により安価で流布された通俗的な内容の印刷刊行物)の形式でさまざまな物語が子どもたちに人気を博するようになります。

その背景には、日曜学校の普及などにより、幅広い階層にわたって「本を読む」という行為が普及する中で、これまでに口伝えで継承されてきた「自分たちの物語」への欲求がありました。しかし、フェアリーテールを「無知な迷信」であるとして、宗教的・道徳的・教育的な観点からこれを排斥する動きも高まり、逆に教訓物語の流行にもつながります。

そのような中、1768年頃には、フランスで高い評価を得ていたシャルル・ペロー Charles Perrault(1628~1703)の作品の英語版がニューベリーの手により刊行され、次第にフェアリーテールが普及しはじめます。1823年には、グリム兄弟Jacob Ludwig Karl Grimm(1785~1863)、Wilhelm Karl Grimm(1786~1859)の作品集が、また1840年代に入るとハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersen(1805~1875)の童話の英訳も始まり、また世界各地の童話・民話が英語圏の子どもたちのために翻訳されます。フェアリーテールの復興の動きは、より自由な発想による空想文学の新しい潮流を呼ぶこととなります。

サムネイル

2-1
(神託)(The Oracles)
出版地 London
出版者 Printed for J. Harris
出版年 [1804]

くわしく見る

サムネイル

2-2
ペンタメローネ(五日物語)(The Pentamerone, or, The story of stories)
ジャンバティスタ・バジーレ/作、ジョージ・クルックシャンク/挿絵
出版地 New York
出版者 Cassell
出版年 1893

くわしく見る

サムネイル

2-3
過ぎし日の物語集または昔話集・教訓つき(Histories or tales of past times told by Mother Goose with morals)
シャルル・ペロー/作、ジェームズ・サクソン・チルダース/編
出版地 London
出版者 Nonesuch Press
出版年 1925

くわしく見る

サムネイル

2-4
妖精の輪‐昔話と伝説集(グリムの昔話)(The fairy ring : a collection of tales and traditions)
グリム兄弟/作、リチャード・ドイル/絵
出版地 London
出版者 J. Murray
出版年 1857

くわしく見る

サムネイル

2-5
アンデルセン童話(Fairy tales)
ハンス・クリスチャン・アンデルセン/作
出版地 London
出版者 Ward, Lock & Co.
出版年 [1900]

くわしく見る

サムネイル

2-6
炉端のこおろぎ:家庭のおとぎ話(The cricket on the hearth : a fairy tale of home)
チャールズ・ディケンズ/作
出版地 London
出版者 Bradbury and Evans
出版年 1846

くわしく見る

サムネイル

2-7
少しは物知りの妖精(Fairy know-a-bit)
A.L.O.E(シャーロット・マリア・タッカー)/作
出版地 London
出版者 T. Nelson and Sons
出版年 1866

くわしく見る