国立国会図書館キッズページ

しらべてみよう!

いんさつ トップページ 「しらべてみよう!」もくじ

よんでみる?

いろいろな本をしょうかいするよ
『マツの絵本』

福田健二 編 深津真也 絵
農山漁村文化協会 2016.3

マツの絵本表紙

マツは、昔から神様がり立つ縁起えんぎのよい木と考えられ、お正月の門松かどまつなどに使われてきました。
マツは、明るく開けたところであれば荒地あれちでも生えることができます。その秘密ひみつの一つが、マツの根で生きるキノコなどの菌根菌きんこんきんにあります。キノコとマツはおたがいに必要ひつよう養分ようぶんあたえ合って生きているのです。他にも、はりのような葉など荒地で生きるための秘密が紹介しょうかいされています。
また、風ですなんでくるのをふせぐために海岸に植えられたことや、松脂まつやにという樹脂じゅし接着剤せっちゃくざい原料げんりょうに使われることなど、マツが昔からわたしたちの生活に利用りようされてきたこともわかります。
本の中には30cm以上いじょうにも育つ世界の大きな松かさものっています。マツの秘密をたしかめてみませんか。(2018.1)