子どもの読書活動推進

2013年科学あそび:見えない音をたしかめよう~音の実験~

概要

科学あそび2013」は、講師を科学読物研究会の原田佐和子先生にお願いして、7月27日(土)、28日(日)に行われました。小学1年生から中学1年生まで、計78人が参加しました。

企画と準備

講師の原田先生から色々な実験を紹介していただき、その中から音の出る実験を選びました。

実験の準備は講師に依頼し、職員は実験後に行うブックトークの準備を行いました。なお、今年は、講師の提案で、ブックトークの中に絵本の読み聞かせも取り入れることになりました。

今回の実験では音の出るおもちゃを作成し、音が聞こえる仕組みについて説明しました。そこでブックトークでは、音について書かれた本に加えて、楽器や、特徴的な耳を持つ動物を取り上げた本や絵本も紹介し、科学から本の世界への橋渡しをすることにしました。