子どもの読書活動推進

講演会「学習支援における公共図書館と学校図書館の連携を探る」

※こちらの講演会は終了しました。

講演会の報告を『国立国会図書館月報』622号(2013年1月)(PDF形式:4.70MB)に掲載しています。

国立国会図書館国際子ども図書館では、平成22年度から平成23年度にかけて、「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」を実施し、平成24年8月に、その成果を『国際子ども図書館調査研究シリーズ』第2号として刊行しました。
報告書の刊行に関連し、糸賀雅児氏(慶應義塾大学教授)とプロジェクト主査の鎌田和宏氏(帝京大学准教授)による対談形式の講演会を行いました。
対談では、公共図書館と学校図書館の連携の進め方や図書館による学習支援の意義と可能性について取り上げ、当館職員によるプロジェクトの成果の報告も行いました。

日時 2012年10月1日(月)14時~16時
会場 国立国会図書館東京本館 新館3階研修室
※会場は、国立国会図書館東京本館(千代田区永田町1-10-1)です
内容 ①「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」報告
②~対談~学習支援における公共図書館と学校図書館の連携を探る
糸賀 雅児
慶應義塾大学文学部人文社会学科教授
鎌田 和宏
帝京大学文学部教育学科・教職大学院教職研究科准教授
「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」プロジェクト主査
対象 公共図書館職員、学校図書館職員、図書館の学習支援に関わる方など
定員30名
参加費 無料
申込方法 ※受付は終了しました。
お問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 児童サービス課 企画推進係

〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49
TEL:03-3827-2053(内線:308) FAX:03-3827-2043
※電話でのお問い合わせは、開館日の9時30分~17時にお願いします。