研修・交流

平成29年度児童サービス研究交流会

障害のある子どもたちへの図書館サービス―障壁をとりはらうために

日時 2018年3月12日(月)10時~17時(9時30分受付開始)
会場 国際子ども図書館 アーチ棟1階 研修室1 [ACCESS]
対象 公共図書館・学校図書館等において児童サービスに携わる図書館員(学校司書を含む)。
定員50名(事前申込制)。
参加費 無料。ただし、旅費等は受講者側の負担となります。
申込方法 以下のとおり必要事項を記載の上、電子メールでお申込みください。
  • 件名欄に「児童サービス研究交流会参加申込(ご所属・お名前)」と記載してください。
    例:「児童サービス研究交流会参加申込(国際子ども図書館・上野香香)」
  • 本文に次の事項を記載してください。
    (1)お名前(ふりがな)
    (2)ご所属
    (3)業務内容または業務のわかる職名
    (例:児童サービス担当司書、障害者サービス担当司書、学校司書、司書教諭など)
    (4)ご連絡先(日中に連絡のとれる電話番号)
※電子メールでのお申込みができない場合や、申込受付後1週間以内にお送りする確認メールが届かない場合は、以下の問い合わせ先の電話番号にご連絡ください。
※応募者多数の場合は、1機関からの参加者を限定する等の調整をさせていただく場合があります。全申込者に対して、参加の可否を2月中旬までにお知らせします。
宛先:kenshuアットマークケーオーディーオーエムオーピリオドジーオーピリオドジェーピー
申込受付期間 平成30年1月12日(金)~2月5日(月)

フォーラム内容

今年のテーマは「障害のある子どもたちへの図書館サービス―障壁をとりはらうために」です。
当日は、野口武悟専修大学文学部教授の基調講演の他に、国立国会図書館・国際子ども図書館の提供するサービスの紹介や、公共図書館の実践報告、国際子ども図書館の館内見学、参加者交流などを行います。

9時30分 受付開始
10時 開会挨拶、諸注意
10時5分 報告「国際子ども図書館の資料提供サービス」(資料情報課)
10時30分 報告「国立国会図書館の提供する障害者向けサービス」(関西館図書館協力課)
11時10分 館内見学(企画協力課)
12時 休憩(本のミュージアムにて「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」自由見学)
13時 基調講演「図書館サービスを障害のある子どもたちへ届けるために」(専修大学教授 野口武悟氏)
14時30分 実践報告①「真の連携の姿を模索する―特別支援学校の図書館に対するサポート」(鳥取県立図書館支援協力課長 小林隆志氏)
14時50分 実践報告②「障害児福祉との連携協力事業について」(墨田区立ひきふね図書館障害者サービス担当 太田千亜生氏)
15時10分 休憩
15時20分 国際子ども図書館による実践報告「国際子ども図書館の特別支援学校の見学対応について」(児童サービス課)
15時40分 質疑応答
15時50分 参加者交流 テーマ「障害のある子どもたちに図書館を利用してもらうためにできること」
16時50分 講師コメント
17時 終了
問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 企画協力課
電話:03-3827-2053