本文へジャンプ下部メニューにジャンプ

Loading
ホーム > はじめの一歩
印刷

はじめの一歩 ~歴史好きになるために~

歴史は面白い、歴史を知ってほしい、という思いから、これまで多くの人が、子ども向けの歴史の本を出版してきました。
国立の児童書専門図書館である国際子ども図書館にある本の中から、「何で歴史を学ぶの?」という問いに分かりやすく答えている本を紹介します。

生き方を教えてくれる

新しいことを知りたがったり、おもしろがったりするためだけに、歴史を学び、さぐろうとしているのではない。
歴史はわたしたちに、世の中は変化するものであることを教えてくれている。
変化することをおそれてはいけない。
いまの世の中で何をしたらよいのか、よく考えよ。
・・・つまり歴史は、わたしたちに、わたしたちの生き方を教えてくれているもののように思えるのである。
[古川清行]
古川清行著 『読む日本の歴史 : 日本をつくった人びとと文化遺産. 1』
あすなろ書房 2009 【Y2-N09-J109】 「はじめに」から文章を抜粋して転載

問題意識を持つ

歴史を学ぶうえでたいせつなのは、年代を暗記することでも、歴史上の人物を覚えることでもありません。
「問題意識をもつ」ことです。
現代に生きる私たちがかかえているさまざまな問題を解決するヒントを見つけることが、歴史を学ぶことの意味なのです。
[三上喜孝]
平川南〔ほか〕編 三上喜孝・藤森健太郎著 『Jr.日本の歴史. 2』
小学館 2010 【Y2-N10-J319】 p.3から転載

ただ目の前にある現在の社会をみているだけではだめ

ほんとうに現在の社会を正しく知るためには、ただ目の前にある現在の社会を見ているだけではだめなので、
現在の社会ができあがるまでの、長い移り変わりをたどってみることが、ぜひとも必要といわねばなりません。
[家永三郎]
家永三郎〔ほか〕著『新しい日本の歴史』
毎日新聞社 1950 <児21-I-2> p.3 から転載
ページの先頭へ