本文へジャンプ下部メニューにジャンプ

Loading
ホーム > テーマ解説 > 大政奉還
印刷
 

大政奉還 1

1867年10月3日、土佐藩の前藩主山内豊信(やまうちとよしげ)(容堂)は、15代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)に、幕府が朝廷に政権を返上する大政奉還(たいせいほうかん)を進言した。

 

大政奉還 2

1867年10月、薩摩藩・長州藩の間で、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を追討し、幕府を倒すために、「討幕の密勅」(とうばくのみっちょく)が下された。

 

大政奉還 3

徳川慶喜は、倒幕の勢いを抑えることができず、1867年10月14日、京都の二条城で大政奉還を表明した。これにより、1603年から続いた江戸幕府は幕を閉じることとなった。

 

大政奉還 4

薩摩藩(西郷隆盛(さいごうたかもり)、大久保利通(おおくぼとしみち)ら)と長州藩(木戸孝允(きどたかよし)ら)と公家の岩倉具視(いわくらともみ)らにより、1867年12月9日に、天皇による政治に戻る「王政復古の大号令」(おうせいふっこのだいごうれい)が出された。

 

大政奉還 4

1867年12月9日、明治天皇(めいじてんのう)の前で行われた会議(小御所会議)では、王政復古を受け、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が官職を辞め、領地を返上する「辞官・納地」(じかん・のうち)が決定した。

 

大政奉還 6

世直しを唱える民衆の間で、1867年、天から降るお札を求め「ええじゃないか」とはやし立てて踊り歩く騒ぎが起こった。民衆も新しい社会を求めた。

 
1 2 3 4 5 6
ページの先頭へ