2020年のTeens’ Top Ten、発表

【2020-161】

米国図書館協会(American Library Association: ALA)の一部門である米国ヤングアダルト図書館サービス協会(Young Adult Library Service Association: YALSA)は、2020年のTeens’ Top Tenを発表した。

Teens’ Top Tenは、10代の若者が選ぶブックリストである。前年に出版された作品から候補が推薦され、その中から投票によって10冊が選ばれる。今回は25作が候補となった。

候補作品を推薦するのは、全国15の学校図書館と公共図書館の、10代の図書グループのメンバーである。

候補作品は、4月の全米図書館週間(National Library Week)の木曜日に掲示され、8月15日から10月15日までの期間に、全国の12歳から18歳までの読者によるオンライン投票が行われた。今回選ばれた10作品にはグラフィックノベルも含まれ、全て電子書籍でも読むことができる。

YALSAは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、図書館の来館利用が難しい状況における、電子書籍などのデジタル資料の利用を勧めている。

  1. “Wayward Son (Simon Snow, #2)” by Rainbow Rowell(Wednesday Books/Macmillan)
  2. “Pumpkinheads” by Rainbow Rowell. Illustrated by Faith Erin Hicks(First Second/Macmillan)
  3. “With the Fire on High” by Elizabeth Acevedo(HarperTeen/HarperCollins)
  4. “Aurora Rising” by Amie Kaufman and Jay Kristoff(Alfred A. Knopf/Penguin Random House)
  5. “Broken Throne: A Red Queen Collection” by Victoria Aveyard(HarperTeen/ HarperCollins)
  6. “#MurderFunding (#MurderTrending #2)” by Gretchen McNeil(Freeform/Disney Book Group)
  7. “We Hunt the Flame (Sands of Arawiya)” by Hafsah Faizal(Farrar Straus Giroux /Macmillan)
  8. “Lovely War” by Julie Berry(Viking/Penguin Random House)
  9. “Wilder Girls” by Rory Power(Delacorte Press/Penguin Random House)
  10. “The Memory Thief” by Lauren Mansy(Blink/HarperCollins Publishing)

Ref:

(2020.12.22 update)