展示会・イベント

講演会「いま、韓国の子どもの本は?」

こちらのイベントは終了しました。

下記にて講演要旨をご覧いただけます。

イベント

国際子ども図書館では、社団法人日本ペンクラブとの共催で、世界各国の児童書に関するイベントを「シリーズ・いま、世界の子どもの本は?」と題して開催しています。2011年最初のイベントとして、大竹聖美氏、クォン・ユンドク氏をお招きして講演会を行います。「いま、韓国の子どもの本は?」として、韓国の子どもの本の現在と、その魅力を広くご紹介いたします。
※講演会開催のため、3階メディアふれあいコーナーは当日12時から17時の間、休室いたします。

いま、韓国の子どもの本は?

第一部
テーマ
講師

大竹聖美氏 (東京純心女子大学准教授)

白百合女子大学大学院修士課程児童文学専攻修了後、日韓文化交流基金訪韓研究員、大韓民国政府招へい留学生として1998年から2004年まで韓国ソウルに学ぶ。現在東京純心女子大学こども文化学科准教授。白百合女子大学では韓国児童文学を講義。
第二部
テーマ
講師

講師:クォン・ユンドク氏 (作家)

弘益大学校産業美術大学院視覚デザイン科卒。1993年から絵本を作り始める。韓国を代表する絵本作家の1人で、作品多数、国内外での評価は高い。
開催日時 平成23年1月22日(土)午後2時から
主催 国立国会図書館国際子ども図書館
社団法人日本ペンクラブ
対象 中学生以上
司会 野上暁氏 (日本ペンクラブ「子どもの本」委員会委員長)
会場 国際子ども図書館 3階ホール
入場 無料

講演要旨