子どもの読書活動推進

事業概要

「学校図書館セット貸出し」事業

「学校図書館セット貸出し」は、国立国会図書館国際子ども図書館が行っている、学校図書館に対する協力事業です。子どもの読書活動の推進において重要な役割を担う学校図書館への支援を目的として、国際子ども図書館が全面開館した2002年11月から開始しました。外国語の原書を含む児童書等約40冊をセットにして、全国の学校図書館に対して貸し出すサービスを行なっています。

セットは「国際理解」をテーマとし、子どもたちが本を通して世界の国々や人々への理解と共感を深められるよう、世界の国・地域に関する知識の本、昔話や絵本、さらにそうした絵本の原書など、幅広い分野の資料で構成されています。学校図書館での展示や読み聞かせ、国際理解に関する総合学習の教材として、全国で利用されています。

日本全国セット貸出しの輪

2002年に国際子ども図書館から青い箱に本を詰めて、全国の学校に送り出して以降、2012年までにのべ2,199校の学校で利用されました。
2012年に10周年を迎えた事を記念して、セットを活用している様子や学校風景の写真を募集しました。利用校からお寄せいただいた利用風景を地域ごとに紹介します。

これまでの経緯

  • 2002年5月
    国際子ども図書館全面開館
  • 2002年11月
    学校図書館セット貸出し事業開始、「韓国セット」提供開始
  • 2003年6月
    「北欧セット」提供開始
  • 2004年1月
    「世界を知るセット(小学校低学年向)」提供開始
  • 2004年9月
    「カナダ・アメリカセット」提供開始
  • 2006年1月
    「アジアセット」提供開始
  • 2007年1月
    「世界を知るセット(小学校高学年向)」提供開始
  • 2008年1月
    「ヨーロッパセット」提供開始
  • 2009年1月
    「東アジアセット」「東南アジア・南アジアセット」提供開始
    (「韓国セット」「アジアセット」提供終了)
  • 2010年1月
    「中東・アフリカセット」提供開始
  • 2010年3月
    活用事例の紹介
  • 2011年1月
    「中南米セット」提供開始
  • 2011年6月
    東日本大震災の復興支援として、被災地の学校へ往復送料無料で貸出(2017年3月終了)
  • 2012年1月
    「オセアニア・南極・北極セット」提供開始

全国に広がるセット貸出し 都道府県立図書館のセット貸出し

国際子ども図書館のセット貸出しは、公共図書館と学校図 書館等との連携のヒントとなることを意図した事業です。近年では、セット貸出しを行う公共図書館が増えており、本事業の意図が浸透しているといえます。

以下では、都道府県立図書館で行っているセット貸出しを紹介します(※)。朝読書用セット、郷土学習用セットなど、地域 の学校のニーズに合ったセットを用意している図書館も目立ちます。地域の図書館が提供するセット貸出しも、ぜひご活用ください。(申込み方法、利用可能学 校などのサービスの詳細は、各館にお問い合わせください。)

※ここで紹介している事例は、当館で把握しているものです。この他に、県立図書館で実施 している事例をご存知の場合は、下記までご連絡いただければ幸いです。

学校図書館セット貸出しについてのお問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 児童サービス課 児童サービス企画係

〒110-0007 東京都台東区上野公園 12-49
電話:03-3827-2065 FAX:03-3827-2043
※電話でのお問い合わせは、9時30分~17時にお願いします。(休館日を除く)

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロード>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)