本・資料を探す

ロシアの児童書コレクション

概要

Про два квадрата(Y17-B4936)
Про два квадрата(Y17-B4936)
Сказка о царие Салтание(Y17-B5302)
Сказка о царие Салтание(Y17-B5302)

田中かな子氏(下記参照)旧蔵資料である主としてソ連時代の児童書約3700点のほか、1920~1930年代の絵本などを所蔵している。帝政末期の"芸術世界"を代表する画家イワン・ビリービンのほか、ウラジーミル・レーベジェフとサムイル・マルシャークのコンビによる絵本、ロシア・アヴァンギャルド の画家たちによる実験的な絵本が多数含まれている。田中氏旧蔵資料は、19世紀から20世紀の主な作家の作品からなり、その多くは 1933年設立の国立児童文学出版所(ジェーツカヤ・リテラトゥーラ)から出版されたものである。また、15の共和国、100以上の民族から成っていたソ連邦は昔話やフォークロアも豊富で、これらが半数を占めている。

なお、上記コレクションの他に、ロシアの児童書は継続して収集している。

田中かな子氏について

たなか かなこ(1931-1999)

ロシア児童文学の翻訳・研究家。中華人民共和国東北師範大学ロシア文学科を卒業後、添乗員としてロシア・ソ連各地を旅行するかたわら、ロシア児童文学、昔話の研究、翻訳に取り組んだ。20冊を超す翻訳書のほか、雑誌などに掲載された論文も数多く、主なものは遺稿集『かな子の仕事』(当館請求記号:KP154-G11)に収められている。

検索方法

「ロシアの児童書コレクション」というまとまりとして整理されておらず、コレクションだけを抽出することはできない。
ロシアの児童書の検索方法については、調べ方案内「ロシアの児童書コレクション」を参照する。

このコレクションを中心にした展示会図録

『ロシア児童文学の世界 : 昔話から現代の作品まで: 国立国会図書館国際子ども図書館展示会』 2005.3 (当館請求記号:KP151-H2)

会期:平成17年4月23日-9月18日