スペイン語でつながる子どもの本―スペインと中南米から

国際子ども図書館では、展示会「スペイン語でつながる子どもの本―スペインと中南米から」を開催します。
この展示会では、スペイン語圏の国々出身の作家・画家たち、中でも、現地で子どもの本の出版が増え始めた1980年代以降に活躍してきた作家や画家に焦点を当て、その多彩で表現豊かな作品の数々を紹介します。
スペイン語で書かれた子どもの本の多彩で豊かな表現をお楽しみください。

展示資料例

1

2

3

4

  1. 『ビクトルの新聞記者大作戦』ジョルディ・シエラ・イ・ファブラ 作 宇野和美 訳 ヒロナガシンイチ 絵 国土社 1998
  2. 『イスカンダルと伝説の庭園』ジョアン・マヌエル・ジズベルト 作 宇野和美 訳 徳間書店 1999
  3. 『漂泊の王の伝説』ラウラ・ガジェゴ・ガルシア 作 松下直弘 訳 偕成社 2008
  4. 『水おとこのいるところ』イーヴォ・ロザーティ 作 ガブリエル・パチェコ 絵 田中桂子 訳 岩崎書店 2009
スペイン語でつながる子どもの本―スペインと中南米から
開催日 2022年10月4日(火)~12月25日(日)
※会期が変更になる場合があります。
※整理券による入館制限を実施している場合があります。詳細は「国際子ども図書館の来館サービスに関するお知らせ」をご覧ください。
会期中の休館日 月曜日、国民の祝日・休日、毎月第3水曜日(資料整理休館日)
開催時間 9時30分~17時
会場 国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム[ACCESS]
入場料 無料

展示会関連イベントのお知らせ

講演「スペインと中南米の子どもの本―この100年の変遷と今―」(動画配信)
日時 2022年9月30日(金)~12月25日(日)(配信期間)
講師 宇野和美氏(スペイン語翻訳家)
対象 主に中学生以上(どなたでもご視聴いただけます)
申込方法 申込不要

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)