講演会「私が子ども時代に出会った本―角野栄子」

国立国会図書館国際子ども図書館では、4月23日の「子ども読書の日」にちなみ、子どもの読書活動についての関心を高め、理解を深める機会として、講演会シリーズ「私が子ども時代に出会った本」を、一般社団法人日本ペンクラブとの共催により、毎年開催しています。
シリーズ第7回となる今回は、「魔女の宅急便」や「小さなおばけ」シリーズなどの作品で知られ、2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞された作家の角野栄子氏をお招きし、子ども時代の読書の思い出や出会った本に関する体験談を伺います。是非ご来場ください。
なお、災害や講師の都合等の緊急時に、開催中止となることがあります。

講演会概要

日時 2019年4月21日(日)14時から16時まで(13時30分受付開始)
講師 角野栄子氏(児童文学作家)
場所 国際子ども図書館 アーチ棟1階 研修室1 [ACCESS]
対象 中学生以上
定員 130名(事前申込制・先着順)
申込方法 ※定員に達したため、受付は終了しました。
参加料 無料
問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 企画協力課「4月21日講演会」担当
電話:03-3827-2053(代表)