国際子ども図書館特別研修「読書のバリアフリーをすすめるために」

障害があるために、紙の本では読むことが難しい子どもたちが大勢います。そのような子どもたちへの読書支援を目的に、点字、録音等さまざまな資料が作成されていますが、読書環境の整備はまだ充分とはいえません。
特別支援教育を受ける子どもたちは年々増加しており、電子図書などの支援媒体の充実とともに、障害のある子どもたちへ読む楽しさを提供できる人材の養成が求められています。そこで、読むための障害を解消するさまざまなバリアフリー資料の紹介を中心に、障害の特徴とそれにあった支援方法について学ぶことを目的として、特別研修を実施します。

特別研修概要

日時 2020年10月17日(土)12時30分~16時30分 (12時00分受付開始)
場所 国際子ども図書館 アーチ棟1階 研修室1 [ACCESS]
対象 学校教職員、図書館職員、医療関係者、障害のあるお子さんのいるご家族、その他読書バリアフリーに興味や関心のある方。(原則として18歳以上)
定員 50名 事前申込制・先着順
申込方法 公益財団法人伊藤忠記念財団ホームページ(外部サイトへ移動します)をご覧の上、Eメールでお申込みください。
申込は、Eメールのみで受付します。
申込締切 9月30日(水)
参加費 無料

研修内容

12:30~12:40 開講 主催、共催者あいさつ
12:40~13:00 「国際子ども図書館が所蔵する障害者向け資料とその提供について」(国立国会図書館国際子ども図書館職員)
13:10~14:00 「読書バリアフリー法 開始より1年 ~法の精神と第1次基本計画 徹底解説~」(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 宇野和博 先生)
14:10~15:00 「やさしく読める本を届ける~知的障害がある方の読書ニーズと支援プログラム例~」(新潟リハビリテーション大学大学院リハビリテーション研究科教授 藤澤和子 先生)
15:10~16:00 「一人ひとりにあった読書スタイルを提供する~わいわい文庫の校内周知と活用の実際~」(横浜市立上菅田特別支援学校教諭 岩﨑有美 先生)
16:00~16:30 「伊藤忠記念財団の目指す活動」(伊藤忠記念財団電子図書普及事業部)

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、中止や内容の変更・短縮をする場合もあります。

会場に関する問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 「バリアフリー特別研修」担当
電話:03-3827-2053(代表)

研修内容に関する問い合わせ先

公益財団法人伊藤忠記念財団
電話:03-3497-2652