講演「スペインと中南米の子どもの本―この100年の変遷と今―」(動画配信)

国際子ども図書館では、2022年10月4日(火)から12月25日(日)まで、展示会「スペイン語でつながる子どもの本―スペインと中南米から」を開催します。この展示会の関連講演として、翻訳家の宇野和美氏を講師にお迎えし、スペイン語圏の子どもの本を取り巻く状況などについてお話しいただきます。

スペインと中南米の子どもの本―この100年の変遷と今―

日時 2022年9月30日(金)~12月25日(日)(配信期間)
場所 YouTubeの国立国会図書館公式チャンネルで公開します。
講師 宇野和美氏(スペイン語翻訳家)
【略歴】
昭和58(1983)年東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。出版社勤務を経て、平成14(2002)年バルセロナ自治大学大学院文学教育科言語文学教育修士課程修了。平成19(2007)年スペイン語の児童書を専門とするオンライン書店「ミランフ洋書店」を開店。
訳書に『見知らぬ友』(福音館書店)、『おとなってこまっちゃう』(偕成社)、『むこう岸には』(ほるぷ出版)、『ちっちゃいさん』(講談社)他多数。著書に『まめつぶこぞうパトゥフェ : スペイン・カタルーニャのむかしばなし』(BL出版)等。
対象 主に中学生以上(どなたでもご視聴いただけます)
その他 講演は前編・後編(各40分程度)に分かれています。
以下のリンクからご視聴ください。

  •   1. スペイン語圏とは
  •   2. 社会の動向と児童文学の発展
  •   3. 現代スペイン語圏の子どもの本
  •   ・読み物と社会
  •  (後編に続く)

  •  (前編からの続き)
  •   3. 現代スペイン語圏の子どもの本
  •   ・自分たちを表現する
  •   ・枠にとらわれない表現と形式
  •   ・国境を越えて広がる

  • 紹介資料リスト(PDF形式:469KB) ※前編・後編共通
  • アンケート
    上記フォームから、アンケートへのご回答をお願いいたします。
    このフォーム中で、講演に関する質問を受け付けています。
    質問に対する講師からの回答は、後日ホームページに文書で掲載します。質問の受付は11月21日(月)24時までです。全ての質問には回答できかねる場合がありますので、ご了承ください。
問い合わせ先

国立国会図書館国際子ども図書館 展示会担当
電話:03-3827-2053(代表)