平成を彩った絵本作家たち

国際子ども図書館では、2020年が開館20周年に当たることを記念し、9月29日(火)から12月27日(日)まで、展示会「平成を彩った絵本作家たち」を開催します。
この展示会では、平成に活躍した日本の絵本作家35名を、それぞれの作家が生み出した平成の絵本とともに紹介します。個性豊かな数々の絵本から、平成という時代を振り返ります。

展示資料例

1

2

3

4

  1. 『タンゲくん』片山健 [著] 福音館書店 1992
  2. 『金曜日の砂糖ちゃん』酒井駒子 [著] 偕成社 2003
  3. 『バムとケロのおかいもの』島田ゆか 作/絵 文溪堂 1999
  4. 『もみじのてがみ』きくちちき 作・絵 小峰書店 2018
平成を彩った絵本作家たち
開催日 2020年9月29日(火)~12月27日(日)
※会期が変更になる場合があります。
会期中の休館日 月曜日、国民の祝日・休日、毎月第3水曜日(資料整理休館日)
開催時間 9時30分~17時
会場 国際子ども図書館レンガ棟3階 本のミュージアム[ACCESS]
入場料 無料

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)