• トップページに戻る
  • この展示会の趣旨と構成
  • 第一部 出版の塔
  • その1 年代別の特徴と地域の広がり
  • 年代別の特徴 1960~1970年代
  • 年代別の特徴 1680~1990年代
  • 年代別の特徴 2000年~現在
  • その2 翻訳出版件数の多い国と地域
  • 1位 韓国
  • コラム
  • 2位 台湾
  • コラム
  • 3位 中国
  • コラム
  • 4位 アメリカ
  • 5位 フランス
  • その3 ノンフィクション
  • 自然科学
  • 社会科学
  • 人気キャラクターを使用した教材
  • 第2部 文化の塔
  • その1 絵本
  • その2 物語
  • その3 昔話とちりめん本
  • 第三部 特別コーナー
  • 名前がちがう、鳴き声が変わる
  • ぐりとぐらと仲間たち
  • サダコ 実話から海外の子どもの本へ
  • 国境を越える宮沢賢治
  • 資料一覧
  • 謝辞・参考文献
  • 祝賀メッセージ
  • 国際子ども図書館10年の歩み
  • 展示会
  • イベント
  • 当サイトについて
  • 図録について
  • サイトマップ
トップページ > この展示会の趣旨と構成
次のページへ

この展示会の趣旨と構成

ごあいさつ

国立国会図書館国際子ども図書館開館10周年及び国民読書年記念展示会 「日本発☆子どもの本、海を渡る」

2000年の子ども読書年に開館した国際子ども図書館は、国民読書年の本年、開館10周年を迎えます。
これを記念して国際子ども図書館では、日本の児童書の国際的な広がりについて紹介する展示会「日本発☆子どもの本、海を渡る」を開催します。

10年前の開館記念展示「子どもの本・翻訳の歩み展」では、日本語に翻訳された海外の児童書を時代の流れに沿って通観しましたが、今回はその逆に、「海を渡った」日本の児童書たちの行方をたどってみました。

日本の児童書がどんな国・地域で翻訳されているのか、また、それぞれの国や地域の習慣や文化に合わせて、絵や文にどのような変化が加えられているのかなどを、30以上の国・地域で翻訳された日本の児童書と日本語の原書など合わせて約300点を展示して、ご紹介します。

翻訳によって、子どもたちは国や地域を超えて共通の読書体験をもつことができます。日本の児童書が子どもたちの心を捉えれば、それは、日本への理解や興味へと繋がります。「海を渡った」日本の児童書たちの活躍を祈りたいと思います。

展示会の開催にあたり、児童書の翻訳出版に関わる多くの専門家の方々からご助言をいただきました。また、日本児童図書出版協会には、出版情報の整備および翻訳書の収集に多大なご協力をいただきました。深く感謝申し上げます。

日本の児童書の翻訳出版についてのまとまった研究はたいへん少なく、出版情報の把握もまだ完全ではありません。この展示会が、今後の研究や情報集積のきっかけになれば幸いです。

国立国会図書館国際子ども図書館長 齋藤友紀子

Children’s Books Going Overseas from Japan:Exhibition Commemorating the 10th Anniversary of the Opening of the International Library of Children’s Literature and the National Year of Reading

The International Library of Children’s Literature (ILCL), which opened in 2000, the National Year of Reading for Children, celebrates its 10th anniversary in this National Year of Reading.
Commemorating this 10th anniversary, the ILCL is holding an exhibition “Children’s Books Going Overseas from Japan,” which shows the international spreading of Japanese children’s books.

In the exhibition “A History of Japanese Translations of Children’s Books from Abroad,” which was held ten years ago to commemorate the opening of the ILCL, we looked into foreign children’s books translated into Japanese and their history. This time, in the other direction, we identified the whereabouts of Japanese children’s books which “went overseas.”

We introduce the countries and regions in which Japanese children’s books have been translated, what kind of changes have been made to illustrations and texts, etc., by displaying about 300 items, including translated Japanese children’s books in over thirty countries and regions, and also their Japanese originals.

Regardless of country and region, children can have a common reading experience through translation. If a Japanese book captures the heart of children, it leads to understanding and interest in Japan. We hope for the success of the children’s books that “went overseas.”

Many specialists in the translation and publication of children’s books gave us advice. Our special thanks go to Japanese Association of Children’s Book Publishers for their great help in preparing publishing information and collecting translated books.

There are few substantial studies on the translation and publishing of Japanese children’s books.
We do not yet have all the publication information either. I hope this exhibition will form the start of further studies and accumulation of information.

Yukiko SAITO
Director General, International Library of Children’s Literature, National Diet Library

この展示会の趣旨と構成

国際子ども図書館では、外国語に翻訳された日本の児童書を、重点的に収集する対象の一つに掲げている。原書の出版元にあたる国内の出版者からの寄贈や海外の書店からの購入等によって収集した資料を利用に供するとともに、ホームページ上でその情報を広く一般に公開している。今回の展示会「日本発☆子どもの本、海を渡る」では、こうして収集した翻訳本を様々な切り口から紹介することで、日本の児童書の国際的な広がりについて考えるきっかけを提供し、また、日本語の原書と翻訳版の差異を通して、文化の多様性を楽しんでもらえる場としたい。

海外における日本の児童書の翻訳出版情報については、社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)がデータ収集を行い、1988年にその成果を収録した『海外で翻訳出版された日本の子どもの本』(No.1)が刊行され、その10年後に改訂新版(No.2)が刊行された。 2000年の国際子ども図書館設立後は、当館でその情報を引き継ぎ、社団法人日本書籍出版協会及び日本児童図書出版協会の協力を得て、「外国語に翻訳刊行された日本の児童書情報」データベース(以下、「翻訳DB」とする。)を作成している。この展示会では、2009年8月末現在の翻訳DBのデータに基づいて「海を渡った日本の子どもの本」について概観する(※)

展示は、「第一部 出版の塔」、「第二部文化の塔」、「第三部 特別コーナー」の三部構成である。「出版の塔」では、1960年代から現在までの年代別の翻訳出版状況、翻訳DBで件数の多い1位から5位までの国・地域の特徴、ノンフィクションの翻訳などについて紹介する。「文化の塔」では、国際的に評価が高い作品や国内で長く読み継がれている絵本・物語の原書と翻訳版を見比べたあと、日本の昔話の海外での受容について紹介し、当館所蔵のちりめん本も披露する。このほか、作家や作品について少し詳しく見ていく四つの「特別コーナー」も設けた。

海の向こうの子どもたちが、どんなふうに日本の子どもの本を受け止めているのかに思いを馳せながら、展示を楽しんでいただければ幸いである。

※翻訳DBには当館で所蔵していない資料も多く含まれており、現物確認ができないため不備や不正確なデータも存在すること、また、網羅的な翻訳出版情報の集積とはいえないものであることをお断りしておきたい。国内ではこの翻訳DB以外に児童書の翻訳出版情報を広く収集したものは見出せないため、これを典拠とした。

Introduction to “Children’s Books Going Overseas from Japan”

The International Library of Children’s Literature (ILCL) has made Japanese children’s books translated into foreign languages one of its targets to collect intensively. It collects such materials through donation from Japanese publishers, through purchase from overseas booksellers, and other means. The books collected are available at the ILCL, and information about them is also open to the public on the ILCL website. We hope that this exhibition “Children’s Books Going Overseas from Japan” will introduce various aspects of such books, and form a start to the discussion on the international spread of Japanese children’s books. We also hope that the visitors will enjoy the diversity of culture through seeing the differences between originals and the translated books.

The Japanese Board on Books for Young People (JBBY) collected information on translated and published Japanese children’s books and compiled “Overseas edition of Japanese children’s books ” (Kaigai de honyaku shuppansareta nihon no kodomo no hon)(No.1) in 1988.
Ten years later, it published the revised edition (No.2).

After the opening of the ILCL in 2000, the ILCL took over the information and it compiles a database called“Gaikokugo ni honyaku kanko sareta nihon no jidosho joho” (Information on Japanese children’s books translated and published in foreign languages, hereafter referred to as Translation DB). In this exhibition, we will look into the “Japanese children’s books which went abroad,” based on the data in the Translation DB as of the end of August 2009.

The exhibition consists of “Part 1: Tower of Publication,” “Part 2: Tower of Culture,” and “Part 3: Special Corners.” In the “Tower of Publication,” we introduce state of translation from the 1960s to the present according to each period, the characteristics of the five countries and regions that translate and publish the most Japanese children’s books, and translations of nonfiction works. In the “Tower of Culture,” first we compare the original and the translated versions of internationally acclaimed works, or picture books and literature that have been long familiar to Japanese readers. Then, we refer to the acceptance of Japanese folktales in overseas countries, and display some chirimen bon (crepe-paper books) in the ILCL collection.
In addition, there are four “Special Corners” where each author and work is examined in a little more detail.

We hope you will enjoy the exhibition and think about how children overseas respond to Japanese children’s books.

*Please note that because the Translation DB includes many books that are not held in the ILCL and thus cannot be confirmed, there may be some incorrect or insufficient data in the database, and it is not claimed to be an exhaustive accumulation of information on translation and publication. We referred to the Translation DB because it appears to be the only source of information in Japan on the translation and publication of children’s books.

※著作権の関係上、本電子展示会に写真を掲載していない資料もあります。

 ページの先頭へ次のページへ